【海外の反応】じゃぱ速

海外の反応や2chで話題になってるニュースをまとめました。主に韓国関連のネタをとりあげてます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    8243135243.png
    落とし物をしてしまっても、非常に高い確率で戻ってくる国、日本。
    警視庁遺失物センターが以前公表したデータによると、
    2018年に落し物として警視庁に届けられた現金は、
    前年比2.4パーセント増となる計約38億4000万円で(3年連続過去最高を更新)、
    そのうち約28億2000万円が持ち主に返還されているそうです。

    さて、今回は訪日中に貴重品入りのバッグを落としてしまった外国人の話から。
    早速ですが以下が要点になります。

    「『日本人は本当に特別な人たちである』

     僕らは朝の6時30分に日本に到着した。とても疲れていたし眠かった。
     飛行機の中でもろくに眠る事が出来なかったからね。
     そういう中で、トラブルは起きたんだ。

     最初に乗った電車の中で、僕は眠りに落ちてしまった。
     そして乗り換えの駅に着こうかという時に慌てて立ち上がって、
     急いで持ち物を手に取って、次の電車に乗った。
     そして2本目の電車から降りた時に気がついたんだ。
     あるはずのバッグが1つないという事に。

     バッグの中に入っていたのは兄のノートパソコンと、
     あの時の僕にとって唯一の身分証明書と言えるパスポートだった。
     本来そこでパニックに陥るはずだろうけど、割合僕は落ち着いていた。
     なぜなら、「ここは日本だ」という安心感があったから。
     「きっと誰かが警察に届けてくれてるだろう」と思ったんだ。
     つまりは、世界的に有名な日本人の誠実さと正直さに賭けたわけだ。
     最悪のバケーションにならない事を祈ったよ。

     だけど日本は証明してくれた。「日本は日本だ」ということを。
     彼らの規律や誠実さは日本人の国民性の核心部分なんだよ。
     僕の荷物はすぐに警察に届けられていた。探す必要さえなかったんだ。
     感謝なんて言葉じゃ表せないくらい嬉しかったよ。

     日本人を象徴する国民性は、やはり信じれないくらいの誠実さだろう。
     日本は本当に特別な国だ。とにかく、非常に特別な国なんだ」

    【海外「こんな国に生まれたかった…」 訪日外国人が語る日本での驚きの体験談が大反響】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    435785579.png
    ブラジルで開催されている、世界最古のサッカー大陸選手権・コパアメリカ。
    南米10カ国の代表チームが優勝を争うこの大会ですが、
    1993年からは南米以外から2チームを招待する方式に移行。
    当初は地理的に南米に近いアメリカやメキシコなどの国が参加していましたが、
    1999年、日本が北中米以外の国として初めて招待を受けました。

    日本はこれまでに1999年、2011年、2019年大会に招待され、
    99年はグループステージで敗退(1分2敗)し、11年は震災の影響で辞退。
    今大会はこれまで1分1敗で、明日(25日)8時から行われる試合に勝利すれば、
    初の決勝トーナメント進出となります。

    さて、今回ご紹介する映像は、日本が0対4でチリに大敗した試合の後に、
    チリ人サポーターの方が試合会場で撮影したもので、
    駐在員のご家族でしょうか、日本の子供たちが、拍手と日本コールが起こる中、
    スタンドで集めたゴミを回収ボックスに収める様子が収められています。

    この映像がチリのメディアで取り上げられたところ、
    人口約1800万人の国で150万回再生されるなど、大きな反響を呼び、
    コメント欄には日本や日本人に対する賞賛の声が殺到しています。
    【海外「これが民度の差なのか…」 チリ戦大敗後の日本の子供達の行動に賞賛の声が殺到】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7573573564.jpeg
    今回は、「なぜ欧米人はロボットを恐れ、日本人は恐れないのか」
    という投稿に寄せられた外国人の反応からです。

    日本ではこれまで多くのロボットアニメが製作され
    それらの作品の多くで、ロボットは人間の大切な仲間や友達であり、
    また、人間と対等な存在として描かれてきました。

    一方アメリカやヨーロッパの映画やコミックなどでは、
    「人間に問題をもたらす存在」として描かれることが多く、
    SF作家のアイザック・アシモフが示したロボット工学三原則からも、
    ロボットに対する恐れが見られ、人間とは対等ではないことが分かります。

    こういった日本と欧米のロボット観の差はなぜ生まれたのか。
    【海外「神道が影響してるんだよ」 なぜ欧米人はロボットを恐れ、日本人は恐れないのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    韓国の複数のメディアが6日、ソウル郊外の京畿道安山に設置された慰安婦像に、
    日本人とみられる男性4人が唾を吐いたとの通報があったものの、
    警察が捜査した結果、全員が韓国人だった事が判明したと報じました。

    男性4人組は、6日早朝に慰安婦像に唾を吐き、止めに入った市民と口論に。
    その際、男性のうちの1人が日本語を話していたため、
    その様子を見ていた通報者の方は、男性を日本人だと見なしたようです。
    取り調べに対して男性は「冗談のつもりだった」、
    「日本語が話せるので日本語で喋った」などと話しています。

    更に、4人組の1人が韓国語で「自分達は台湾人だ」と話していた事も後に判明。
    昨日から台湾メディアがその点を報じ始め、現地から怒りの声が殺到しています。
    【海外「やっぱり韓国人か!」 日本人と台湾人を装い慰安婦像に唾を吐いた韓国人に怒りの声】の続きを読む

    このページのトップヘ