テニス、ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2019)は14日、ジュニア男子シングルス決勝が行われ、大会第8シードの望月慎太郎(Shintaro Mochizuki)は6-3、6-2でカルロス・ヒメノバレロ(Carlos Gimeno Valero、スペイン)を下し、日本選手として初となるジュニア男子の四大大会(グランドスラム)タイトルを獲得した。
以下、海外の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

 
海外の反応ランキング
■ おめでとう、新たな錦織が生まれた!日本よくやった。



■ おめでとう、慎太郎。最後のお辞儀も良かったよ。



■ なんという才能!グランドスラムデビューの先月の全仏オープンで準決勝、そして今回全然違うコートで優勝だ。しかも2週間前まで芝でプレーしたことがなかったなんて!



■ 日本テニスに新世代が。



■ 2003年生まれが2大会連続で優勝だ。この年の選手は本当によくやってて豊作のようだ。



■ これは次の次の世代。



■ 5年後、彼らのうちの誰かがフェデラー、ジョコビッチ、ナダルに3回戦で負けることになる…。

■ フェデラーがその年までプレーし続けられることを願う。

■ 25回目の優勝をかけてジョコビッチと決勝を戦ってるさ。




■ プロにはなれないよ。背が低すぎる。



■ 本大会でも結果を出せますように。



■ よくやった慎太郎。アジアの人たちはいつも礼儀正しいね。もっと優勝して欲しいよ。それにふさわしい。こんなにたくさんネットに近づくプレーヤーを見れて新鮮だった。



■ 何歳?

■ 16。




■ かわいい。彼のこと大好きになった。すごく謙虚で無垢で純粋だ。



■ 日本の誇りだ。



■ 勝った時お辞儀したのがすごくかわいい。



■ 全米オープンにワイルドカード現る。



■ よくやった。素晴らしい偉業だ。



■ 圭、どきなさい…。まあ、数年後にはね。



■ おめでとう、またアジア人が成長してきた。



■ この世代は幸運だ。ビッグ3のうち二人は6年以内に引退するよ。



■ 錦織の次の世代がやって来た。



■ おめでとうございます。若く才能溢れる日本人プレイヤーの誕生だ。