海外でも人気の盆栽「BONSAI」。

日本では少し地味な印象を持たれがちな盆栽ですが、実はとても奥が深いもの。

まず盆栽について少しご説明します。盆栽とは、草木を鉢に植え、自然の風景を模して造形していく一種の芸術品です。枝、葉、幹、根、もしくはその姿全体を鑑賞して楽しみます。

盆栽は終わりのないアートと言われるほどに、仕立てる過程に長い歳月を要します。例えば、葉の茂み具合や色合いの調整のため天候や気温に気を配り、枝や花の数を調節し空間技法を取り入れることもあります。

自分好みの赴き深い姿にするために愛情をかけながら盆栽の面倒を見る、これこそが盆栽の醍醐味でしょう。

今や、多くの国の辞書に「BONSAI」と掲載されるほど海外で浸透しており、各国の人々からは「自国にはない新しい文化」「ずっと眺めていられる癒しのアート」と絶賛されています。

動画では盆栽はどういうものなのか歴史や育て方、実際に育てている人のインタビューなどが紹介されています。
以下、海外の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

・盆栽の木は素晴らしいからね。
すごく高くても全然大丈夫だし、最高だから。


・盆栽になにもせずに、手を入れず自然のまま育ったらどうなるんだ?


・日本のものは全てめちゃくちゃ高いからさ。


・実際のところ盆栽はすごく安い。
50年もの盆栽にどれだけの場所を使い、どれだけの作業時間を使っているのか考えてみろ。


・盆栽は所有者が世話をする子供のようなものだから。


・盆栽は自分でやらないと価値はないぞ。
盆栽のSubredditはこの芸術について役立つよ。


・人間の平均寿命が150歳なら、間違いなく趣味として盆栽をやってみたいね。


・生きる芸術だから。
数ある絵画や彫刻とは全く違うからね。
長く生かすのに手入れをしなければならないかよ。


・イケアだと10ドルで盆栽を買えるんだけど・・・。


・1億円の盆栽を作るには3世代必要だから、価値は全くないだろう。
高くつくぞ。


・その価格だけの価値はあるけど、盆栽の木たちは小さいままで幸せなのか?
森の中で自由に育つ権利はないのか?


・植物は忍耐を教えてくれる。


・子供のときに父が盆栽を買ってきて、今では僕がその盆栽を育てているよ。


・時間の無駄だと思ったのは俺だけか?


・お金よりも価値のあるものがあるからね。


・僕の盆栽は1か月後に死んでしまった。


・高いのは人の人生15年分以上のものと美しい木の形にしている専門的なものを買っているからさ。


・日本人の情熱をこめて作ったものなら、全てが高い。