キャプチャ-127

日本を訪れている米国のデービッド・スティルウェル国務次官補(東アジア・太平洋担当)が、日本滞在二日目の12日、NHKのインタビューに応じて「アメリカとしては、北東アジアで最も強固な同盟関係に隙間や亀裂が生まれないようにする必要がある」と語った。

スティルウェル国務次官補は「韓国と日本が緊張関係にあるのは助けにならない」と述べつつも「両国が前向きに協力できる分野に目を向け、障害を乗り越えるよう促していく」と語った。ただし「私が(韓日の争いを)仲裁(mediate)する計画はない」と一線を画した。

NHKは「現時点ではアメリカとして積極的には仲介はせず、日韓の対話による解決を促す姿勢を強調した」と解釈した。

こうした中、ハリー・ハリス駐韓米国大使は12日、韓国の保守系野党「自由韓国党」所属で国会外交統一委員会の委員長を務めるユン・サンヒョン議員と会談し「今は、米国政府が韓日関係を仲裁したり介入したりする意思はない」と発言したという。ユン議員のオフィスは12日、本紙の電話取材に応じて「午前中にソウル市内で行われた非公開の会談で、ハリス大使が『今は米国が韓日関係に介入すべき時期ではない』と発言した」と伝えた。

ハリス大使は「韓国と日本はいずれも成熟した(adult)国家であるだけに、それぞれ政府ならば政府、議会ならば議会、ビジネスならばビジネスのレベルで解決策を模索していくべき。韓日当事国が問題解決に失敗して全てのオプションが水泡に帰し、米国企業や安全保障に影響を及ぼす場合、米国が役割を果たすだろう」と語った。ユン委員長はまた「『覆水盆に返らず(It is no use crying over spilt milk)』という言葉を引用したにもかかわらず、大使はまだ米国が介入すべき時期ではないと再度強調した」と伝えた。

一方、米国を訪れている韓国大統領府(青瓦台)の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長は12日(現地時間)、チャールズ・カッパーマン大統領副補佐官(国家安全保障問題担当)と会った後、報道陣の取材に応じて「日本が韓米日高官級協議に消極的で、今回のスティルウェル国務次官補のアジア歴訪中には(高官級協議の実現は)難しいだろう」「われわれは日本と対話する準備ができている。私も常に準備できている」と語った。

今回の状況について、外交消息筋は「スティルウェル国務次官補、ハリス大使、金次長などの話を総合すると、韓国政府の仲裁要請にもかかわらず、米国は日本の立場を変えるほど積極的に動きはしないらしい」と語った。別の消息筋は「米国は、自分たちの同盟国である韓日の対立が大きくなるのは望まないが、今は双方の対立に介入すべき時期ではないと判断しているようだ」と語った。

一方、スティルウェル国務次官補は11日から14日までの日本訪問に続き、16日から18日まで韓国を訪れる予定だ。アジア4カ国を歴訪中のスティルウェル国務次官補は、17日に韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談する。外交消息筋は「スティルウェル国務次官補は、強制徴用や輸出規制措置など具体的な事案に言及するよりも、韓米日三角協調体制の重要性を強調して韓日関係回復の努力を求めるだろう」と語った。

一部では「米国が、来月1日から3日にかけてタイのバンコクで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)での韓米日閣僚会談を推進するだろう」という見方も持ち上がっている。だが日本の態度を見ると、短期間で3カ国高官級会談の開催につなげるのは難しいということもあり得る、との見方も根強い。


以下、韓国人の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

■  日本の背後に米国がいる!


■  外交惨事はムン大統領のせいである。


■  米国の暗黙的な同意が無ければ、日本はあのようにすることはない。だから米国があんな反応なんだろ。


■  ムン災害「日本は韓国の同盟国ではない」


■  トランプは韓日改善に関心はないんだ。トランプはビジネスマンだから。

 ■  米国兄さんが日本側に行った。


■  米国の言う同盟は米韓と米日で、韓日には関心が無い。米国は自分たちだけ上手く行けばよいしている。それが米国だ。


■  韓半島の戦争と分断を切望してる国ランキング:日本、中国、アメリカ、ロシア。


■  安倍や日本があのように出て来てるのは、すでに米国と協議がなければ不可能な状況であるからだ。考えてみれば反日を政治利用して、日本に報復の口実を与えてしまった連中のせいにする必要が理性的で常識に合っている。。


■  トランプが介入すれば終わるのに?


■  日本が今、国益にも良くない経済戦争をしているということは、信頼できる切り札があるということなのだろう。


■  米日はサムスンの半導体覇権が嫌いなんだな。


■  米日、 中露北が手を握っている。韓国は結局はイジメられてる。


■  米国はいつも同盟国間の紛争は無介入の原則を守り、さらに戦争という極端な紛争にも介入を最小限に抑えます。これが米国が数多くの同盟を維持させてる方法です。


■  反米反日の結果だね。従北アカ、ムン災害弾劾へ行け〜。


■  大韓民国は土着倭寇たちにあふれてるね。政治、マスコミと。

注:土着倭寇とは、親日派の子孫・売国奴の意味です。


■  予想通り。


■  全世界が日本側だという悲しい現実。。。


■  大韓民国の主敵は日本だ。

→日本は100年、中国は1,000年、北朝鮮は50年の敵です。