yjimage-8

大統領府が、18日水面下にあった対日圧迫カードである
「韓日軍事情報包括保護協定破棄可能性」を打ち出したのは、
今回の局面で韓国政府が譲歩する意思がないという一種の背水の陣と解釈される

 
これは韓日間の葛藤が経済·貿易分野で一段階高い安保葛藤局面に入る入り口と解釈されるからだ。 

韓日葛藤が安保分野に拡大すれば、米国がこれまで北朝鮮の非核化に向けた協力体制はもちろん、中国を牽制する為に北東アジアで念入りに準備した韓日米安保協力構図が、根本的に揺れる結果をもたらすという見通しさえ出ている。

韓日軍事情報保護協定を実際に破棄すれば、貿易摩擦が安保協力まで崩壊する最悪のシナリオにつながるわけだ。これに先立ち米国が「韓日軍事情報保護協定を波立てないで欲しい」という立場を伝えたのも。こうした波及力を懸念したことによるものとみられる。 

韓国政府が背水の陣を敷いた相手は日本だが、米国が乗り出さなければならない構造だ。この為、今回の破棄カードは米国の仲裁に対する暗黙の要請だという分析もある。

 
鄭義溶(チョン・ウィヨン)大統領府国家安保室長は同日、文在寅大統領と与野党5党代表が会った席で、韓日軍事情報包括保護協定と関連して、「今は維持するという立場を持っているが、状況に応じて見直すことができる」と明らかにした。 

同協定は、韓国と日本が軍事情報を交換する際、米国を経由していた体制を変更し,両国が直接敏感な軍事情報を交換するための諸手続きなどを定めたものだ。米国は韓国と日本が過去の歴史と独島問題などで対立しても、北朝鮮の核などの安保問題では協力を維持しなければならないと強く協定の締結を推進したという。 

こうした背景から、この協定は米国が北東アジアで安保と情勢を維持管理する核心的な輪である韓日米安保体制を象徴するという見方もある。しかし、同日、文大統領と与野党代表会談で同問題が論議されたという事実を公開しただけでも、韓国政府が日本、更に米国に対して強い圧迫に乗り出すしかないという意志を示したものと解釈される。

同日、日本の報復措置への対応と関連し、与野党の代表は日本との首脳会談などの高官級接触や特使を派遣することを提案した。これに対し、文大統領は「解決策になればいつでも可能だが、無条件に送っても良いものではない」と否定的な見解を示した。ただ、文大統領と与野党代表は、「ホワイトリスト排除などの日本の追加措置は、韓日関係および北東アジアの安保協力を脅かす」と主張し、超党派的協力および汎国家次元非常協力機構の設置に合意した。


以下、韓国人の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

 
韓国は、この機会に無条件強攻に出なければならない、日本倭寇達をやっつけよう!韓国ファイト!!



大統領と政府を支持します。我々は良い指導者を持ちました。そしてもっと団結して発展します



軍事協定破棄してジャパンパッシング



日韓軍事情報協定は破棄しなければならない、我々の情報は結局安倍の朝鮮半島侵略に使われる



これが国だ!



情報協定破棄を支持します



憲法改正で軍事再武装するという日本と軍事情報交流?日本の侵略の道を開く為に情報を与えるのか?



・韓国は日本を敵国と見なしているのに、そんな国と軍事協力関係を維持するのが可笑しいでしょう



未来の敵である日本と軍事情報協定は狂気の沙汰です。そのまま破棄した方がいいと思います



文在寅政府ファイト!!



軍事情報を敵国と共有する?これは異常だ。我々の主敵は韓国を苦しめる日本だ



・最初から韓国に得になることは余り無い、日米のための協定でした。この機に目を覚ましたらいいですね



・今、独立運動が始まった



・この事態を跳躍の機会にして、結局は勝ち抜けると信じます



断交まで覚悟しよう!そして、韓国内の親日派を滅ぼそう!



我々の主敵はまだ野心を持っている日本だ



絶対的に支持する。日本とは外交断絶もしなければならない、大韓民国の主敵は日本だ



・今回は独立しよう、日本には強硬に出るのが答えだ



我が民族は強い、日本は韓国の敵にはなれない、銃声のない戦争で我々が必ず勝利する