marshae-jones-booking-photo-ap-jc-190628_hpMain_4x3_992

腹撃たれ流産した母親に胎児の過失致死罪、中絶禁止の米アラバマ州


【6月28日 AFP】米アラバマ州の当局は、妊娠中に銃で5発撃たれ流産した母親を、胎児に対する過失致死罪で起訴した。同州では、中絶をほぼ全面的に禁止する法案が可決されており、女性の中絶の権利を訴える人権団体は27日、厳しい非難の声を上げた。

 起訴されたのは、マーシェ・ジョーンズ (Marshae Jones)被告(27)。同州に拠点を置き、中絶希望者に資金援助するイエローハンマー基金(Yellowhammer Fund)はツイッター(Twitter)に、「マーシェ・ジョーンズさんは妊娠中に腹部を5回撃たれ流産したとして、過失致死罪で起訴された。それなのに加害者は今も自由の身。マーシェさんを刑務所から出してみせる」と投稿した。

 ジョーンズ被告は昨年12月、同州プレザントグローブ(Pleasant Grove)でけんかになった別の女性から発砲を受けた。大陪審は当初、発砲した側を起訴していたが、検察が案件を取り下げ、逆に26日に逮捕したジョーンズ被告の方が起訴されるに至った。

 現地ニュースサイトAL.comの報道によると、地元警察当局は「捜査で分かったのは、この事件の真の被害者は生まれてくることができなかった胎児だけだということだ」という見方を示し、「胎児の死につながったけんかを最初に仕掛け、続けたのは母親の方だった」と指摘した。

 同国ではこれまでに、南部と中西部の10以上の州で中絶を規制する厳しい法案が可決され、裁判で争われている。アラバマ州では5月、レイプや近親相姦(そうかん)による妊娠も含め、中絶をほぼ全面的に禁止し、殺人罪に等しいとみなす全米で最も厳しい法案が可決されている。(c)AFP



以下、韓国人の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

海外 米Amazonの倉庫労働者、時給1700円は安すぎるとプライムデー当日にストライキ突入!
韓国「米国が半導体規制の仲裁計画無しと発言!反米反日の結果だ」
・頭オカシイだろ!




・完全に意味不明だ・・・




・これは本当の話なのか!?




・アラバマ州の法律はクレイジーだ!
こんな馬鹿げた話があるか!




・なぜ銃で撃たれた被害者が起訴されるのか!?




・妊婦がケンカを仕掛けたのならそれも悪いことだとは思うが、だからと言って銃を撃った方が罪に問われないのは絶対にオカシイ!




・これ普通に殺人未遂事件だろ!
なんで撃たれた方が起訴されるのか!?




・銃で撃ったのは正当防衛ってことだろ。




・一体どうなってるんだよ!?
アラバマ州はもうメチャメチャだ・・・




・アラバマ州の司法制度は完全にゴミだね!




・これは銃を撃った加害者が胎児の殺害と母親に対する殺害未遂容疑で逮捕されるべきだろ!
なんで銃で撃たれた被害者の方が起訴されるんだよ!?




・被害者である彼女を起訴することに決めた奴らを解雇しろ!




・アラバマ州では妊娠中の女性が旅行中に転倒し流産した場合でも、赤ちゃんを殺した罪で起訴される可能性があるだろうね。




・アラバマ州の女性達は妊娠していることが分かったら、すぐにアラバマ州から出た方が良いと思う。