AJP20190808001400882_01_i_P4


日本政府がこのほど、中国にある韓国・サムスン電子の半導体工場向けのフッ化水素輸出を許可したことが8日、分かった。日本は7月4日から、フッ化水素をはじめとする半導体、ディスプレー材料3品目の対韓輸出規制を強化している。同措置が取られた後、韓国半導体メーカーへのフッ化水素の輸出が許可されるのは初めて。
中国現地の複数の消息筋と業界関係者によると、日本企業が陝西省西安市にあるサムスン電子の半導体工場へのフッ化水素輸出を6月中旬に日本政府に申請し、今月5日ごろ許可を得た。フッ化水素は半導体の製造過程で、不要な部分を除去するエッチングガスとして用いられる。

 日本企業はもともと、韓国向け輸出とは異なり、中国へのフッ化水素輸出は案件ごとに政府の許可を取ってきた。

 ただ業界関係者は、今回許可が下りたタイミングに注目している。

 7月に日本が輸出規制を強化して以降、サムスン電子の西安工場だけでなくSKハイニックスが江蘇省無錫市に置く工場など、韓国半導体メーカーの中国拠点でもフッ化水素など材料の確保が難しくなるのではないかと懸念されていた。

 このほど西安工場向けの輸出が許可されたことから、業界では、韓国メーカーの中国生産拠点を対象にした日本からの輸出は以前とほぼ変わらず進められるとの観測も出ている。とはいえ警戒を緩める雰囲気ではない。まだ最初の事例にすぎず、今後の輸出状況に留意すべきとの見方が強い。

 サムスン電子はNAND型フラッシュメモリーの25%、SKハイニックスはDRAMの40%を、それぞれ中国工場で生産しているとされる。

 一方、日本はこの日、輸出規制を強化した3品目の一つ、極端紫外線(EUV)フォトレジスト(半導体の基板に塗る感光剤)の対韓輸出を許可した。




以下、韓国人の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

 

・きたか~!

・今回も、かつてソニーから一方的に取引をキャンセルして、また納品してくださいと哀願してきた時のように、一刀両断する格好いい姿を見せてほしい。
輸入許可申請もうこれ以上出さないで国産化に行こう!!!
チョッパリたちは一度刺してから間違ってたと思うだろう…

・サムスンが国内産エッチングガス試験中だから、日本も心配なんだ(笑)

・世論上、輸出は規制しなければならなないが、品物は売らなければならないので、中国のサムスン工場に輸出し、中国に売ったということにしてお茶を濁すようだ。

・安倍の出口戦略?

・サムスンも日本不買運動に参加しなさい。

・安倍がGSOMIAの延長しようと小細工してるのよ。
GSOMIA延長したら本性がまた出て来るから。

・ふざけてるのか?
サムスンは輸入するのではなく国産品愛用しろ。
あいつらからまた供給を受けると、「同じ状況が繰り返されない」という保障はどこにもない。
国産中小企業が開発してもチョッパリ産をまた使えば中小企業はどうすればいいんだ?

・輸入していてはいけない。

・フッ化水素、日本産99.99%、国内産は99.99999%の純度で、サムスンが国内中小企業ので今試験中だから、日本は心配せざるを得ない。

・現実はしょうがない。
サムスンも時間を与えれば国内開発原料を使うことになるよ。

・日本のフッ化水素原材料は100%中国製だ。
輸出許可しようが脱日本画は続く。

・安倍って何も考えずに仕事してるのか?

・国産化を遅らせたい戦略です。
この機会に、完全に国産化または輸入多角化する必要があります。
そうでなければ継続的に翻弄されて振り回されることになります。

・本当に劣等種族だなw

・大韓民国国民の勝利だ…第2の壬辰倭乱勝利だ…