top-2

気象庁が「災害」と認定した記録的猛暑で、2020年に迫る東京五輪の開催を危ぶむ声が高まり、海外メディアまでもが報じ始めた。

 国際オリンピック委員会理事会で承認されたマラソンの日程案は、当初計画では女子(8月2日)・男子(同9日)ともに朝7時30分スタートとなっていたが、東京五輪組織委員会は暑さ対策のため、朝7時スタートに繰り上げた。併せて競歩、トライアスロン、ゴルフなども開始時間を前倒しすることとなった。

 もっとも、競技中の選手に対する暑さ対策については、進められているほうかもしれない。だが、熱中症に詳しい桐蔭横浜大学大学院スポーツ科学研究科の星秋夫教授は「危険なのは選手よりもむしろ観客やボランティア」と話す。

「競技の開催場所は屋外競技場が圧倒的に多い。観客は会場に入るため炎天下で列を作って待ち、屋根のない競技場で2~3時間観戦する。マラソンでも、沿道で場所取りのために数時間前から待ったうえで観戦する。

 過去のデータから東京五輪での気温を予測すると36度前後と推測されます。そんな中で3~4時間も立ちっぱなしだと、熱中症を発症するリスクは非常に高い」(星教授)

 暑いといわれた2008年の北京五輪でも最高気温は30度前後だった。36度が想定される東京五輪は史上最も過酷な大会になりうる。


引用元https://www.facebook.com/thejapantimes?fref=nf
以下、海外の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

 

・前回の東京オリンピックは10月だったのに
誰が2020年の大会を7月に開催することにしたのか知りたいわ!
 

・もちろん、これは決して予測できなかったことだ。
もしオリンピックを別の月に延期することができたらその考えに戸惑ったかも。
その場合「夏季オリンピック」ではなくなってしまうけど・・・
 

・基本的にアメリカで野球やサッカーのようないくつかの
スポーツイベントがあって、放送料は10月に安くなるから
IOCは8月に決定したよ、お金が主な要因ね!
 

・64年の東京オリンピックは意味があって10月に開催されたんだ。
切望するよ「20東京オリンピックの担当者は、試合中ずっと
灼熱の日差しの中で立たされるべきだ」

・疲れきった馬術競技の馬が心配だわ。
すでに世界中の多数の競走馬が疲労で死亡してる・・・
オリンピックがとても暑い時期にあるからって
なぜ馬が死なないといけないの・・・

・日本で夏に開催されると聞いた瞬間に言ってたの。
寒い国の人達を注意してあげて欲しいわ。
うまくいけば、大量の熱中症はないかも・・・

・率直に言って、俺はオリンピックを軽蔑してるが。

・3月に日付を変更するか北海道で開催できたら…
8月に関東エリアでなんて信じられない!
観光客や参加者にとっては悪いことよ。
 

・マジでゲームの日付を決めている時に
誰もそれについて考えていなかったわけ? 

・夏にオリンピックを開催するべきじゃないよ。
人々は毎年自分たちの生活に関わることだけでも死んでるのに・・・

・インド人は生き残るだろう。
俺たちの側からは問題なしだ(笑)
 

・それはまた、開催地がどれほど革新的であるか
そして開催国が競技者をどうサポートできるかということが言えるね。

・国際的な指導者たちは気候の危機を無視して
自分たちのために迅速にお金のことを考えるだけだ・・・

・それは一部の国のための利益だ

・いくつかのイベントを見たいとは思うけど
人混みや天気のせいで、
それに見合うだけの価値があるかどうかはわからないね。