青年失業率は20年で最悪... 「降り注ぐ」壁に


7月の雇用動向... 青年体感失業率23.8%
製造業・卸売・小売業分野の就業者18万人減少し
36時間未満の短期雇用者は50万人に増加


去る7月の就業者数が29万9000人で、18ヶ月ぶりに最大幅で増加したが、青年失業率は9.8%で、むしろ0.5%ポイント高くなるなど、まだ悪化する姿を持続している。政府が毎年数十兆ウォンの雇用予算を浴びせているが、短期の高齢者の雇用を量産するだけで、20~30代の若年層の雇用創出力は不十分に極まりない。このように「税金の仕事の限界」が明らかになり、規制、技術革新と雇用の柔軟性確保に民間の雇用が増加するべきという指摘が説得力を得ている。



特に先月15~29歳の青年層の失業者が前年同期に比べて2万6000人増加して、青年失業率は9.8%で0.5%ポイント上昇し、1999年7月(11.5%)以来20年ぶりに最高値を記録した。さらに、これらの青年層の体感失業率(拡張失業率)は23.8%で、前年同月比1.1%ポイントも上昇した。2015年の統計開始以来、最も高い「青年雇用氷河期」がまだ続いているわけだ。



就職時間帯別、週36時間以上の就業者数は2177万2000人で、25万人(-1.1%)減少したが、36時間未満の就業者数は516万5000人で50万4000人(10.8%)増加した。このような短時間就業者の増加は、政府が税金で作った公共雇用規模が10万人ほど増えたことと無関係ではない。60歳以上の高齢者の雇用と公共社会福祉サービスの仕事は、政府が財政を浴びせて無理に作った「税金雇用」がほとんどだからだ。


引用元https://n.news.naver.com/article/016/0001568589

以下、韓国の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

 

・この頃、公共機関の求人公告を見れば、清掃の仕事で内容が14日以下の勤務可能者、日に4時間勤務、4大保険加入、こういう方式だ。つまり、1つの仕事を4つに分けて統計操作をしていて、IMFさえ問題を提起しているのが実情だ。オランダのINGと英国IHSマーケットが韓国の成長率をそれぞれ1.4%と予測する。文字通りムン災害だ。

・実際にアルバイト除いて就業者を集計すると失業率35%を超えるでしょう。近くに最近3年の間に卒業した親戚がいれば何人が就職したのか尋ねてみてください。詐欺政権です。

・ムン・ジェインを選んだ人たちは本当にテッケムンにされていく最中。自分たちの頭が割れてもムン・ジェインを支持する。

・失業給付受給者が過去最大に増加し、2024年に枯渇予想だ。これについて政府関連省庁に対応策があるのか​​という質問に、失業保険金を上げれば十分解決できるという狂ったでたらめのような回答だ。全ての経済政策がこれと類似の無能のラスボス。経済を生かして解決する意志が全くない無能政権だ。

・若い人たちがムン災害を選んで自分たちの両親を滅ぼして、本人たちも滅んだよ。

・失業給付受給者が過去最大に増加、2024年に税金枯渇することが予想されている。
これについて、政府関連省庁に対応策があるのか​​という質問に、失業保険金を上げれば十分解決できるという狂ったでたらめのような回答。
すべての経済政策が終わっていて解決意志が全くない無能政権だ…

・日本のように年金統合すれば、青年たちは公務員を諦めて適性を求めて中小企業や工場に行く…これが正常だ!

・日本は完全雇用で青年たちが卒業する前に楽々就職出来るので、20代の安倍の支持率が最高である。
しかし、韓国は仕事をなくす無能ムン・ジェインをなぜ20代が支持するか分からない。
日本の青年たちがうらやましい…

・少子記録無限更新中、失業率記録無限更新中、自殺率最高記録更新中。

・文在寅に比べれば朴槿恵は諸葛亮だった…

・20代前半の大学時代、大人たちが左派が政権を握れば国が滅びるという言葉を笑っていた。
30代の今、その言葉には理由があったんだなと肌で感じている。

・明日の光復節です。
光化門で文災害弾劾集会します。
ムンが災害だとお考えの方は、みんなお越しください。


・ベネズエラが経済ポピュリズムで10年間悪循環しながら、ついに今は動物園の動物を食って、ゴミに囲まれて、治療を受けられず死亡する患者が増える地獄に変わりました。
韓国はそうならないことを…

・税金で作った短期雇用者。
数ヶ月後には無職。
だから月の就業者が増加したにもかかわらず、失業者が最悪になる。

・反日不買運動はどうせ暇でやってるんだろうなと理解出来るが、なぜ就職もできないのにムン・ジェイン支持してるんだろう?

・我々は騙されていたんだ…