75452676907cfe3cdef467ea8952ae27_15470

2020年東京五輪・パラリンピックに向けたオープンウォータースイミング(OWS)のテスト大会が11日、東京・お台場であった。連日の猛暑で、スタートは大幅に前倒し。国内外の選手たちからは暑さとともに、水質への懸念の声が相次いだ。 

 「過酷でした」。試合後、ある女子選手は振り返った。水温と日差しで熱中症になるかと不安だったという。この日のテスト大会は5キロ。本番のOWSは男女ともに周回コースで10キロを泳ぐ。 

 水温の上昇を考慮し、10日の段階でスタート時刻の変更が決まった。午前10時予定だった男子を同7時、同7時の女子を同7時2分とした。国際水泳連盟(FINA)によると、選手が健康的に泳げる水温の上限は31度。この日、午前5時時点で29・9度だった。 

 五輪本番は午前7時のスタートを予定している。FINAのコーネル・マルクレスク事務総長は水温次第で午前5時~6時半に変更することも示唆。「自然を変えることはできない。何がベストか考え、判断したい」と話した。 

 猛暑とともに難敵なのが、水質だ。 

 「正直臭いです。トイレのような臭さ……」。海から上がったある男子選手は、周囲をはばかりながらそう明かした。ただ、会場の条件に適応するのもOWSに必要な力といい、「ぶれない気持ちが必要。検査で細菌がいないとなれば、信じてやるしかない」。 

 コースは東京湾の入り江にある。組織委は今回のテスト大会で、入り江の口をふさぐように、約400メートルにわたってポリエステル製の膜を張った。大腸菌類の侵入を防ぐためで、五輪では3重に張る予定だ。 

 都が昨夏、コースそばに膜を設置して水質を調べたところ、3重の膜の内側で大腸菌類は基準値を下回っていた。ただ、膜の外は調査した22日間のうち5日間で基準値を超えていた。組織委の担当者は「膜の設置で水質の安全は担保できる。あとは大腸菌が流れ込む原因となる大雨や台風が、本番で来ないことを祈るのみ」と話す。都下水道局も、大雨のときには川や海に流してきた下水を減らそうと、一時的に貯蔵できる施設などを整備している。
引用元https://ux.nu/TOlSE

以下、韓国の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

 

・放射能でも足りなくて、トンムル浴まで…
本当に未開の猿国だ!
【海外の反応】じゃぱ速管理人  トンムルとは・・・韓国語で「汚物」
いわゆるうんこですな
さすがにこれは恥ずかしいぞ日本


・放射能汚染水…いや…トイレ汚染水…??

・こ…これほど道理を知らない奴らだったのか…

・本当にメチャクチャですね。

・放射能で選手が死ぬとまずいから、ウ○コ毒で殺そうというつもりなのか;;

・徹頭徹尾、日本は80年代半ばで倒れたようだ…
今はどっち付かずの顔色伺いと責任逃れの世代ばかり

・本当に正気ではないんですね。

・繊細な日本らしいですね。

・強盗民族に続いて放流民族に

・!?
トンムルスイム…ブルブル…

・本当に気が狂いそうだwww

・区立プールでも水汚くて行かないのに、本当にトイレ水って…ブルブル

・何もかもが想像以上…

・放射能水よりはマシなのかな…

・トンムルがぶがぶしながら泳いだんですね。ブルブル

・飲んで応援

・今は絶対に先進国ではないですね

・50年は進んだ技術。

・放射能水に入るか?トンムルに入るか?
選択の岐路に立つなら…それでもトンムルがマシでしょう…
しかし現実は放射能トンムルという。

・技術の日本とは…

・放射能トンムルパーティーwww

・日本は何を準備するにしても徹底して緻密にやると言ってた方はどこに行きましたか?