4ba8a_1110_20190815-134100-1-0002

終戦から74年を迎えた15日、政府主
催の全国戦没者追悼式が、東京都千代田区の日本武道館で開かれた。

令和最初の追悼式には、天皇、皇后両陛下や安倍晋三首相、全国の遺族ら6497人が参列し、先の大戦の戦没者約310万人の冥福を祈った。初めての参列となった天皇陛下はお言葉で、上皇さまが使った「深い反省」との表現を踏襲し、平和を思う気持ちを示された。

 式典は午前11時50分すぎに開始。会場に入った両陛下は壇上に上り、「全国戦没者之霊」と書かれた標柱に深々と一礼した後、向きを変えて遺族らにも深々と頭を下げた。正午に参列者全員で黙とうを1分間ささげた後、天皇陛下が「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、ここに過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願う」とお言葉を読み上げた。

以下韓国メディア

日本の右翼の行動は予想されたものであり、実際、注目されたのは、5月に即位した徳仁日王の言葉と行動であった。

安倍とは異なり「深く反省する」と言いました。

東京コ・ヒョンスン特派員に今日の日本の雰囲気を聞いてみましょう。

コ特派員、新日王が靖国神社に参拝しなかった。これは父、明仁前日王も同様でしたか?

[記者]
そうです。だから新日王が、上王の意を受け継いで、そのような言葉が出てきました。

今年は靖国神社創立150年のため、参拝を要請したが拒否されたという報道も出ていました。

徳仁日王の今日の発言を聞いてみましょう。

徳仁日王「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、ここに過去を顧み、深い反省の上に立って…(略)」

深い反省という表現は、父親である明仁前日王が2015年から使用していたものを、受け継いでいます。

また命を失った人々と遺族のことを考えて、深い悲しみを感じる。二度と戦争の惨禍が繰り返されないことを切に望んでいると述べました。

[アンカー]

東京では、安倍を糾弾する集会も開かれたんですか?

[記者]

韓日の市民社会団体が共同で首相官邸前で開きました。

彼らは韓半島侵略、植民地支配を反省・謝罪していない態度が最近の経済報復措置の背景であるとし、嫌韓を煽って排外主義を強化する安倍政権を糾弾すると明らかにしました。

続いて午後には戦争責任が日王にあるとして、日王制廃止を要求する集会も開かれました。

彼らは右翼が集まっている靖国神社で行進し、右翼団体との衝突直前まで行く状況も起きました。


引用元https://bit.ly/2HcGZqJ

以下、韓国の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

 

・ 政府が国民に反日感情を誘惑してはならない。


・ 日王は間違った表現であり、天皇が合っています。

・ 私たちは日本ではなく、安倍を糾弾しているのだ。

・ 私も日本のことは嫌いではないが、今の日本政府のことは大嫌いだ〜〜

・ 日本は謝罪しろ。日本の植民地統治のせいで韓半島が分断された。

・ 日王は非国民だった…。

・ 日王が政治的な力が無いというの残念だ。

・ 国際条約を破棄したムン・ジェイン政権とそれに貿易規制で報復する安倍のせいで、被害を受けるのは国民だ!

・ 新日王は日本国民を代表して謝罪したのではなく、太平洋戦争に責任がある者の子孫として、個人の資格で謝罪したのだ。意味のない謝罪に何か意味を付与しようと努力しているメディアが問題だ。

・ 日本は反省していることを示す対外的なショーをしているだけです。日王の個人的な心情なのかもしれません…。政治外交的にこれを利用されているだけです。

・ 誤った日本の政策と政府が嫌いなだけで、日本国民が嫌いなわけではない。

・ 日王は百済人だからな…(笑)


 ・ 全ての日本人は悪くないが、59%は韓国人を嫌い、70%は経済報復に賛成している。韓国人観光客を受けつけない店も多い。いつかは日本と再び交流する日が来るだろうが、私たちが再び甘く見られないよう刻印させておく必要がある。今、全国民が団結して、ボイコットジャパンで安倍のレームダックを加速させなければならない。安倍と絶対に会話してはいけない。すぐには難しいが、全国民が団結して対抗すれば私たちは日本に負けない。

→ファイティン!

・ 前日王は平和主義者だ。その意志を現日王が受け継いでいるのは幸いだ。

・ 日本の王族は百済の子孫である。

・ それでも日本の王は紳士的だね。反省している。