AAFPxaR.img

2020年東京五輪に向けたトライアスロンのテスト大会で、1、2番目にフィニッシュした選手がともに失格となった。手をつないでゴールしたことがあだとなった。

 15日に東京・お台場海浜公園で行われた「ITUワールドトライアスロン オリンピッククオリフィケーションイベント」女子の部でのことだった。

 レースは、最初のスイムで飛び出した世界ランキング2位のジェシカ・リアマンスがレースを引っ張り、同じ英国のジョージア・テイラーブラウンと先頭争いを演じた。最後は、2人が手をつないで笑顔でゴールヘ。ほぼ同時のワン、ツーフィニッシュだった。

 ところが、これが「意図的に一緒にフィニッシュすることは禁止」というルールに抵触したとみなされ、失格になった。英国内での東京五輪の代表選考を兼ねたレースでもあり、英国チームは抗議したが、「ルールにのっとった。非常に残念なこと」と実行委員会。結果は覆らず、予定されていた表彰式も行われなかった。



以下、海外の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

 


・普通の競技者は、このルールについて知っているのだろうか?

・3位のはずだった人物は、こんな風に1位になってすごい気分だろうな。



・これは最悪だな。



・彼女たちは失格になるべきではない。


・↑アマチュア選手だけど、うちのクラブにいる全員がルールをよく理解しているよ。
私たちはプロではない。



・↑本当に?じゃあ、知られていることなの?



・↑じゃあ、失格になることを知っていたのにどうして彼女たちはこんな真似を?



・そもそも、どうしてこのようなルールが作られたのだろう?




・こんなのふざけているよ!
お互いに助け合ったわけではないのに!



・公表されているルールに反している。



・競技に参加するなら、ルールは理解しないとね。

・これは正しい裁定。
彼女たちは何をしようとしていたんだ?



・奇妙なルールだな...。



・↑サイクリングではこんなことは絶対に起きない!



・スポーツを楽しむことはどこに行ってしまったの?
表彰台に立つためだけに行っているの?



・↑プロはまさに表彰台に立つために行っている。

・ルールはルール。
でもこの二人をオリンピックに出場させることに頭を悩ます必要はない。



・↑失格になったのに、どうやって選べと?



・いずれにせよ、自分がどの競技が得意なのか決められない人たちの為の競技。


・真の勝者は彼女たちであることをみんなが知っている。



・厳しいけれど、プロ競技の結果を変えることは出来ない。