e42a6448

日本の対韓輸出規制に伴う韓日間貿易葛藤が深まれば、今後日本の家計の暖房費の負担が大きく膨らむ可能性があるという見通しが出たと19日(現地時間)、ブルームバーグ通信が伝えた。

この日、同メディアは専門家や業界関係者を引用して「日本北部地方で冬季の暖炉・暖房機燃料として多く使われる灯油は日本製油会社が日本国内の消費量の約90%を生産しているが、輸入物量はほぼ韓国を通じて輸入している」と伝えた。

日本経済産業省の資料によると、昨年の灯油輸入物量の約79%は韓国産だった。これは日本国内の灯油需要全体の13%に該当する。14日、日本経済新聞は、灯油の場合、冬季の販売量の20%ほどを韓国に依存していると伝えた。

ブルームバーグによると、日本製油会社はたいてい8月から冬季に販売する灯油など暖房油の備蓄を始める。日本関連業界は最近、灯油の生産を進めているが、韓国からの輸入に支障が生じれば代替調達が避けられなくなる。

これについて日本最大の製油会社JXTGホールディングスの太内義明・常務執行役員は「現在のところは(韓日葛藤が)会社のエネルギー事業にこれといった影響を与えていないが、注意を注がなければならない」と話した。

日本製油業界2位の出光興産の酒井則明・執行役員も「(韓日間の)政治的状況が悪化する場合、どう対処するかを考えてみる必要がある」としながら、日本国内の灯油生産と韓国ではない他国から輸入を増やすなどの選択肢を考慮していると話した。

これに関連し、市場調査期間のフィッチソリューションのピーター・リー研究員は「韓国が日本に対する灯油輸出を制限するなら(日本で)需給難が発生する可能性がある。特に韓国産製品に対する依存度が高まる冬季にそのようなことが起これば衝撃が大きいだろう」と分析した。

エネルギーコンサルティング企業ウッドマッケンジーのアジア太平洋製油担当理事のスシャント・グプタ氏は「韓国が禁輸措置を講じれば、日本は中国・シンガポールなどに目を転じるだろう」とブルームバーグに話した。ただし、日本が韓国に代わる輸入先を探しても輸送コストの増加と港内受容能力不足のために供給に困難が生じる可能性があると匿名の消息筋を引用して伝えた。

引用元https://ux.nu/5IZZE

以下、韓国の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

 

・これは素晴らしいグッドニュース。

・韓国はそのような汚いことはしない。
国民暖房に直撃弾を与えるのか?
そんな真似はしません。

・灯油も軍事目的で使っていたというのが望ましい展開。

・そうなると日本人が凍死するのか?
こんな宝物のようなカードをなぜ報道するのか?
口を閉じろ、記者よ!

・ヒントくれてありがとうブルームバーグ。

・90%自国生産で10%だけ輸入?という記事にしか見えないが?

・輸出規制はしないでください。
むしろ輸入規制をして貿易赤字を改善しよう。
日本産の濃縮水産物輸入しないでください。
放射能汚染された加工食品は全て韓国に売っている。



・暖房費上がる?
そうなれば100%自国生産するだろ。

・この記事を読んで前もって準備されれば終わり。
記者よ、我々も何かをしようとするなら打撃が極大化されるよう奇襲作戦を繰り広げなければならない。
「作戦上機密漏洩禁止!」
ずる賢いチョッパリのやってることを見ろ。

・結局7.9%だけ韓国産という話じゃないか…これは何だ…TT
このように国民を愚弄してはいけません。

・わずか1%であってもチョッパリ国民に被害を与えることができるなら、輸出を停止しなければならない。

・灯油カードは本当に病身だ…
私たちは産油国でもないのに…

・輸出禁止は悪手。
私達の輸出企業が滅びる。

・影響力が大きくても小さくても、私たちも引き続き対応品を増やす必要がある。

・ロシアの天然ガスレベルで「バルブカード」を使用するならばともかく、韓国の灯油では打撃より後日の暴風が気になるレベルだが?

・灯油輸出国が滅びると感じるのは私だけ?

・本当に微々たる影響ですね…