安倍晋三首相の判断ミスだった。日本政府が韓国を相手に経済報復を始めた7月(累計基準)、対日本輸入は対日輸出より大幅に減少したことが確認された。

韓国貿易協会によると、7月の対日輸出額は167億9100万ドル(約20兆2900億ウォン、約1兆8000億円)だった。これは前年同月比5.4%減。一方、対日輸入額は284億6900万ドル(34兆4100億ウォン)と、前年同月比12.7%減少した。前年と比較すると両国の輸出入の減少は明確に表れた。

昨年7月の対日輸出額は177億5100万ドル(21兆4600億ウォン)、対日輸入額は326億2200万ドル(39兆4300億ウォン)だった。1年間に日本企業の対韓輸出は5兆200億ウォン減少した半面、韓国企業の対日輸出は1兆1700億ウォン減少した。これは日本企業が韓国企業よりも損失が大きかったと解釈できる。

日本政府は先月4日、高純度フッ化水素など半導体素材3品目の韓国輸出規制を発表した。こうした理由から7月の輸出入統計に関心が集まっていた。

日本を相手にした輸入額は輸出額と比較して減少幅が大きい。貿易協会によると、対日輸出は今年2月から先月まで6カ月連続でマイナスとなっている。2月が-2.3%、3月が-6.0%、4月が-6.5%、5月が-5.0%、6月が-6.3%、7月が-5.4%(7月)。

一方、日本からの輸入は昨年12月から8カ月連続でマイナスとなった。-12.7%(2月)、-14.5%(3月)、-12.3%(4月)、-13.2%(5月)、-13.3%(6月)、-12.7%(7月)だ。

ムン・ビョンキ貿易協会首席研究員は「米国と中国の貿易紛争に世界的な景気減速が重なり、日本を相手にした輸出と輸入が減少したとみられる」とし「日本の経済報復も制限的に影響を及ぼしたようだ」と述べた。

韓国と日本の貿易減少は日本政府の統計でも確認できる。日本財務省が19日に出した7月の貿易統計によると、韓国に対する輸出額は前年同月比5.9%減の4363億円(4兆9500億ウォン)。日本財務省は「韓国に対する輸出が昨年11月から9カ月連続でマイナスとなった」と伝えた。

品目別には原動機が47.4%減少した。半導体など製造装備(-41.6%)、荷役機械(-39.5%)、金属加工機械(-36.6%)の減少幅も大きかった。韓国に対する原料品の輸出も23.4%減少した。一方、化学製品の対韓輸出は前年同月比7.5%増加した。日本財務省は「(輸出制限した半導体素材の)品目分類がないため、これによる輸出減少があったのかは確認できない」と伝えた。


以下、韓国の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

 

・安倍野郎が首相の座にある限りは続くぞ~~

・頭が悪い安倍とトランプのせいで世界経済存亡の危機だ。

・日本崩壊を見られそうです!

・長丁場だぞ

・勝算ゼロの戦いですごい!
ムン・ジェインが良かったということか?

・経済依存関係。
貿易赤字。
今回は必ず切ってしまいましょう。

・ますます減らそう…日本との貿易規模は量的に質的に減少させなければならない。
全体的に最小化させ、部品類は輸入の多様化を必ずして、小さい項目でも国産化に持って行くようにしましょう。

・安倍に大韓民国の勲章あげましょうwww

・グローバル経済では、それほど簡単なことだけではない。
今年の半導体1位はインテルに奪われるのがほぼ確定です。
そして、半導体15位内に、ソニーが追加された。
もし、我々が素材開発に成功して半導体の生産をしたときは、必ず半導体購入メーカーは購入先多様化を推進します。
そして、日本も素材メーカー保護の次元で、半導体活性化対策を進めるだろうしね。
良いニュースだけではありません。

・久しぶりに中央日報がまともな記事を書いたようだ。
グッドニュース。

・日本の本音はね…こういう計算ではなく、韓国の半導体産業滅亡だよ。
計算機だけ回して、日本が損だと?

・これ信じます?(笑)
所得主導の成長を賛美するときとまったく同じだね(笑)


・日本が滅びるかどうかはどうでもいいが、結論は韓国の赤字が1兆減ったというのが大事だ。

・これからが始まりだ。
日本の命綱を切ってしまう天から与えられた機会だ。


・経済戦争で私たちは完敗というのは、経済指標が物語っている。
ウォン・株価暴落、ゴールド急騰(日本は反対)、このような記事に釣られるな…


・日本に小さな傷でも与えられるなら、私たちは手足が折れても頑張ろう。
独立運動という気持ちで日本を膺懲しましょう。

・記者よ、日本は韓国に輸出をできなかったのではなくしなかったのだ…

・半導体材料の在庫枯渇時から始まる赤字が本当のスタートではないのか?