anime

韓国で日本製品の不買運動が拡大する中、韓国ユニクロが日本アニメ「BLEACH」のキャラクターが描かれたTシャツを発売し、非難が殺到している。

 業界からは「いま、この時期に必ずこの製品を販売しなければいけないのか、わからない。韓国消費者に配慮すべき」との反応をみせている。

 「BLEACH」の作家は韓国で”嫌韓作家”として知られる久保帯人氏。久保氏は去る2012年、「韓国人たちは抗日教育を受けて、独島に感情的に対応している」という内容の記事を自身のSNSで共有するなどし、韓国ネットユーザーの批判を浴びた。

 なお、「BLEACH」キャラクターのTシャツは先月から発売されており、現時点(8月22日)でもオンラインサイトに掲載されている。

引用元https://ux.nu/aFXKu

以下、韓国の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

 

刀を持ってのさばりながら婦女子をレ イプして略奪していたサムライを崇めるワンダーランド。
ヤクザの祖先がサムライだ。
サムライが、銃が登場して日本が統合されると仕事を失って、それで生活の為に始めたのがサーカスや芸能興行。
警備費の名目でお金を取り始めたのがヤクザの前身。
本当に情けない猿たち…

やはりチョッパリらしい(笑)

ブリーチだけでなく、ナルト、ワンピース、進撃の巨人、すべて嫌韓帝国主義の漫画。

オンラインでこっそり購入しようとした奴が見つけたのか…

イルベ虫の為に販売してるんだろう。
実に商魂たくましい。

ユニクロは本当に腹が立つね。

ユニクロは大した品質もなく、安いわけでもないのに何故こんなに人気なんだ?

韓日の対立を煽るために意図的にやってるように見えますね~

反日と嫌韓の結果として得る利益は何であり、何を失うかもじっくり考えて見なければならないですね。

倒産するまで不買を続けるのみ!

不買運動以降、オンラインでの売上は伸びているそうです…
精神整えなければならない…

成し遂げられなかった帝国主義妄想漫画でオ◯ニーするのが日常の放射能国…
本当に穢れている…

まさに精神錯乱という言葉がぴったりだ(笑)