サムスン電子の従業員が来年初めに受ける成果給料が今年初めに比べ、「半分」と予想される。 
メモリー半導体市況が大きく悪化したうえ、スマートフォンの成長まで減速され、利益が急減したためである。 

22日、電子業界によると、サムスン電子はこの日、従業員に、来年初め支給する超過成果インセンティブ(OPI・旧PS)予想規模を予告した。 
「経営目標の達成が困難な状況」という言葉とともに今年の初め支給分比大幅減レベルを提示した。 
DS部門メモリ事業部は、給与の23~30%、システムLSI事業部とファウンドリ事業部は、22~29%を支給するものと予想した。 

サムスングループが毎年1月末に支給するOPIは、企業が前年度に稼いだ超過利益を最大20%の範囲内で従業員に配当するサムスン独自のユニークな成果給制度だ。 
個人が受けることができるOPI最大値は、年収の50%である。 
サムスン電子DS部門は、2015年から今年まで5年連続で給与の50%を受けてきた。 

しかし、昨年末から半導体市況が急激に折れながら、状況が変わった。 
DRAM価格が今年に入って50%以上下落し、サムスン電子半導体部門の第2四半期の営業利益は、前年同期比8兆2100億ウォン(70.7%)減少した3兆4000億ウォンを記録した。 
2016年第3四半期以降最も少ない利益規模だ。 

スマートフォンを担当するIM部門無線事業部は、24~28%水準のOPI支払いを予想した。 
無線事業部は、2011年から昨年まで1年もかかさず最大値である50%のOPIを受けてきた。今年初めて小幅に削られた46%を獲得した。来年には、その規模が半分近く減ると予想される。 

サムスン電子IM部門は第2四半期のギャラクシーS10販売鈍化と中低価格製品競争の激化で営業利益が1兆ウォン台に落ちた。 
コ・ドンジンIM部門長(社長)は7日、米ニューヨークで開催されたギャラクシーノート10発売の記者懇談会で、 
「社長になった後、過去4年間一度も「来年は危機」という言葉を言わなかったが、今年の年末には、慎重に話を取り出さなければならないようだ」として 
「世界経済の低迷と米中貿易紛争による直接的または間接的影響、日本の問題のために一寸先を見通すことが難しい」と吐露した。 
続いて「先週と今週は異なり、朝に出た話が、午後に変わるように不確実性があまりにも多いことが問題」とし「クジラの戦いにエビなど飛び出る状況が続いている」と述べた。 

証券会社コンセンサス(推定値の平均)によると、サムスン電子の今年の営業利益は27兆ウォン水準と見られる。前年(58兆8867億ウォン)に比べ50%以上減少した数値だ。
引用元
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1566649377/

以下、韓国の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

 

・サムスンが崩れてはいけない… 

・国が心配だ… 


・現政権がこのように揺さぶっているのに、何事でも気楽にできるものか!この程度でもやってくれただけでもすばらしい、サムスン電子! 


・私はSKハイニックス成果給の記事が気になる。今回の四半期は前年比90%程度下落はなかった? 


・サムスンが親日企業だからムン・ジェインは執拗に攻撃する。 


・その程度でも貰えるなら願ったりだ。 


・サムスンの社内保有金でグリーンランド買い取ってサムスン共和国を建国し、大韓民国と決別するのがサムスンが生きる道だ。 


・サムスンは最近あちこちで締め付けられているが、お前らが選んだ大統領のおかげでみんなで地獄に落ちるね。 




 GSOMIAだけでは米国に経済報復されないとホンナムギ副首相が言っていたが果たしてどうなるのか。 


・半導体スーパーサイクルが終わったから半導体価格が下落して営業利益が減少したのに、インセンティブを昨年一昨年ほど与えられないというのは当然の話。 


・それでも与えることが凄いです。国は滅びますが、サムスン電子は生き残ります。 


・厳しい時は停止しろ。何のための成果給なのか?このような時こそ弾丸を大切に準備しなくちゃ。 


・サムスン電子が半分であれば、他の企業は… 


・NO JAIN NO PAIN(ジェインがなければ、痛みもない) 


・サムスン崩壊すれば精神整える奴が増えるだろう。 


・年初に半分も受けられるなら幸いに思いなきゃ。来年からは本当のヘル開始である。