【海外の反応】じゃぱ速

海外の反応や2chで話題になってるニュースをまとめました。主に韓国関連のネタをとりあげてます。

    2019年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20190822-00000049-jij-000-6-view

    菅官房長官は28日午前の記者会見で、輸出手続きを簡略化する優遇措置の対象国から韓国を除外する政令が同日施行されたことについて、「安全保障上の観点から、我が国の輸出管理制度を適切に実施する上で必要な運用の見直しだ」と述べた。

     その上で、菅氏は「日韓関係は旧朝鮮半島出身労働者問題を含め、韓国側からの否定的で非合理的な動きが相次ぎ、非常に厳しい状況が続いている」と指摘し、韓国側に徴用工問題での適切な対応を促した。
    引用元https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190828-OYT1T50171/


    以下、韓国の反応をまとめました。

    一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

     

    【【韓国の反応】菅官房長官「韓国優遇除外政令施行は安全保障上必要な見直し」 韓国側に徴用工問題での適切な対応を促す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20190731at17S_p

    菅義偉
    官房長官は31日の記者会見で、日韓関係の悪化により韓国で日本への旅行を控える動きが広がっていることに関し、「中国(からの観光客)は11%以上伸び、アメリカやヨーロッパも二桁伸びている。今年に入っても(訪日外国人の)伸びは続いていることは事実だ」と語った。


    引用元https://news.v.daum.net/v/20190815170454089
    以下、韓国の反応をまとめました。

    一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

     

    【【韓国の反応】 菅官房長官、日韓関係悪化により訪日韓国人は減少するも「訪日外国人は増加」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    yjimage

    ドナルド・トランプ米大統領が、フランスで開催中のG7(先進7カ国)首脳会議の席上、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権を痛罵する一幕があった。日米韓3カ国の安全保障の基盤である日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を、文政権が一方的に破棄決定をした重大な裏切り行為などが、我慢ならなかったようだ。

     「韓国の態度はひどい。賢くない。彼らは金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に、なめられている!」

     トランプ氏はサミット初日の24日夜(日本時間25日午前)、外交安全保障に関する会議で、こう発言したという。産経新聞が26日朝刊で報じた。

     複数の政府関係者によると、トランプ氏は、イラン情勢に関する議論を終えた直後、突然、安倍晋三首相に目を向けると、文氏をこき下ろした。安倍首相は言葉を発することなく、笑みを浮かべただけだったという。

     読売新聞も、トランプ氏が24日夜のG7首脳による夕食会で、文氏を「韓国は北朝鮮の金正恩国務委員長に軽く見られている」、「金委員長は文在寅大統領を信じられないと言っている」 と語っていたと伝えた。

     安倍首相とトランプ氏はG7に合わせて行われた日米首脳会談(25日)で、北朝鮮による「核・ミサイル問題」の解決には、日米韓3カ国の緊密な連携が重要だと確認したという。

     トランプ氏の冒頭発言は、その「最大の障害」が文政権であり、GSOMIA破棄決定は、北朝鮮をはじめ、中国やロシアを利することになりかねないことを示している。



    引用元https://is.gd/qZKpi4

    以下、韓国の反応をまとめました。

    一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

     

    【【韓国の反応】トランプ大統領「韓国の態度はひどい…金正恩になめられている!」文氏“裏切り”に激怒、G7席上で痛罵】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    07958afa-s

    米国国務省が韓日 軍事情報包括保護協定 終了について改めて公に批判的な立場を発表した。今回は米軍への脅威にまで言及した。

    モーガン・オータガス米国務省報道官は25日午後5時15分(現地時間)、報道官の公式ツイッターのアカウントで「韓国政府のGSOMIA終了決定に深く失望し懸念しており、これは韓国を守ることをさらに複雑にし(more complicated)米軍の脅威(risk)を増加させる可能性がある」と述べた。

    先だって国務省は22日午後6時40分(現地時間)にも報道官名義で立場を表明し、「米国は 文在寅 (ムン・ジェイン)政府がGSOMIA更新を保留したことについて強い懸念と失望感を表明する」と述べた。しかし、約1日後の23日午後(現地時間)、ドナルド・トランプ米大統領はGSOMIA終了について「韓国に何が起こるか見守る。見守る」とだけ述べた。25日(現地時間)、主要7カ国首脳会議を契機に行われた日米首脳会談でもトランプ大統領はGSOMIAに関して何も言及しなかった。

    これについて国内メディアはトランプ大統領が多少留保的な立場を取り、韓国のGSOMIA終了決定についてとりあえず低いトーンの反応を見せたものと報じた。ところが、国務省が正式かつ強度の高い立場を明らかにしたのだ。

    これをめぐり韓国が外交書簡伝達によりGSOMIA終了の手続きを実際に完了したことが背景になったのではないかという話も出ている。国務省が失望したという立場を示したのは韓国時間で23日午前7時40分で、外交部は23日午後3時30分に長嶺安政駐韓日本大使を呼んでGSOMIA終了の意思が書かれた口述書伝達終了の要件を満たした。国務省の表現も「GSOMIA更新保留に対する失望」から「GSOMIA終了決定に対する失望」に変わった。

    オータガス報道官がツイートを投稿した時は休日の日曜日だった。駐韓米国大使館は公式ツイッターのアカウントで5時間18分後の26日午前10時33分(韓国時間)にこれを韓国語に翻訳してリツイートした。メディア報道などを通じてではなく米政府が韓国国民に直接伝えたいメッセージだったものと解釈できる。

    特に今回は3日前の発表になかった新しい表現が入った。GSOMIA終了により韓国の防衛と米軍に与えるマイナスの影響についてだ。漸増する北朝鮮からの脅威などを念頭に置いた可能性がある。外交消息筋は「GSOMIA終了により、 在韓米軍 と在日米軍への脅威が高まり、韓半島(朝鮮半島)の防衛公約にも支障をきたすという意味だと読み取れる。北朝鮮だけでなく、中国とロシアの軍備膨張も意識しているのではないか」と解釈した。

    米駐屯軍の安全性とGSOMIA終了を関連付けたのは、米国が今回の決定を自国の安全保障の利益にも直結させているという意味でもある。国務省は23日にも「米国は今回の決定は米国の安全保障利益と同盟国に否定的な影響を及ぼすことを文在寅政府に重ねて明言した」と述べたが、追加発表でこれを更に具体的に表明したことになる。

    外交界ではこれを防衛費分担金の増額圧迫の前兆として見ている。政府が下した決定が韓米同盟の安全保障の危険性を高めたため、韓国が多くの側面から防衛を維持するために、もっと貢献すべきだという論理が登場する可能性があるということだ。一部では、米国のこのような強硬な立場がトランプ大統領が提起したことのある在韓米軍撤退あるいは縮小の必要性にも関連付けるおそれがあると憂慮する。

    何よりも米国が繰り返し失望と懸念を示したこと自体が異例というのが政府内外の雰囲気だ。消息筋は「同盟に対し米国が失望という表現を使ったのは2013年12月に日本の 安倍晋三 首相が靖国神社を参拝したとき以外は聞いたことがないように思う。当時、米日同盟は余震が相当期間続いたものと記憶している」とGSOMIA終了による米国の「後くされ」も長期間続くおそれがあると懸念した。

    引用元https://is.gd/iQEw0D

    以下、韓国の反応をまとめました。

    一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

     

    【【韓国の反応】 米国務省,GSOMIA終了についてまた公に批判「深く失望して憂慮しており、米軍の脅威を増加させる可能性がある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ECsMBJAUcAIAoNg.jpg-small

    日本の有力な次期首相候補の一人、石破茂元自民党幹事長は、GSOMIA終了決定翌日の23日、自分のブログにドイツの戦後反省を言及し、日本政府を批判する文章を掲載しました。


    石破元幹事長は韓国政府のGSOMIA終了の事実を伝え、「日本と朝鮮半島の歴史、特に明治維新以後の両国関係を学ぶ必要を強く感じる」と記しました。

    また「日本が敗戦後、戦争責任を正面から直視しなかったことが多くの問題の根源にある」とし「この様な状況が今日様々な形で顕在化していると思う」と指摘しました。
    それとともに「日本がニュルンベルク裁判とは別に、戦争責任を自らの手で明らかにしたドイツとは違うということを認識しなければならない・と批判しました。

    鳩山由紀夫前首相も、韓日対立の原点に日本の植民地支配があると強調しました。

    鳩山前首相は23日、自分のツイッターに「日本が安全保障を理由に韓国をホワイト国から除外したことに抗議し、韓国が日本とのGSOMIAを破棄することに決定した」と伝えました。

    続いて「徴用工が糸口になった韓日間の対立が最悪の展開になった」とし「その原点は日本が朝鮮半島を植民地にして彼らに苦痛を与えたことだ。原点に戻って早く友愛精神で関係を回復しなければならない」と力説しました。

    引用元https://ux.nu/h79Sb

    以下、韓国の反応をまとめました。

    一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

     

    【【韓国の反応】日本次期首相候補石破元幹事長「日本が戦争責任と向き合わなかったことが問題の根底,日本はドイツの様に反省せよ」】の続きを読む

    このページのトップヘ