【海外の反応】じゃぱ速

海外の反応や2chで話題になってるニュースをまとめました。主に韓国関連のネタをとりあげてます。

    2019年10月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    不買運動、終わった…JTIのタバコのシェア反発


    小売市場で一ヶ月ぶりに8%台に回復
    ビールとは異なり、代替材を求めるのが難しく
    商標外部に露出なく負担少なく


    日本産製品不買運動がタバコ市場にまで広がり、しばらくの間、減少したJTIコリアの需要が1月ぶりに再び復活した。
    タバコの場合、代替材が簡単ではない上、商標が外部に露出していないため周囲の視線をあまり意識しないという点が販売反発につながったという分析だ。


    JTIコリアはメビウス・キャメル・セブンスターなど20余りのブランドを製造する日系たばこ会社だ。今年7月までに国内の小売市場でJTIコリアは8%台のシェアを維持してきた。


    ビクともしなかったJTIコリアのシェアが落ちたのは、「ノー・ジャパン(No Japan)」キャンペーンが触発されたためだ。
    日本政府の報復輸出規制による国内不買運動が長期化し、コアの流通チャネルであるコンビニエンスストアで商品陳列を拒否し始めた。愛煙家たちも自発的に趣向を変えてボイコットの仲間入りをした。これにより8月中旬、JTIコリアの市場シェアは7%台に落ちた。


    タバコ業界の関係者は、「タバコの場合、忠誠心が高い嗜好食品であるため、シェアがわずか1%であっても上り下りは異例なこと」とし「以前にも反日問題が浮上したことがあるが、実際の売上高の減少にまでつながったことはなかった」と語った。

    しかし、このような雰囲気は、長くは続かなかった。9月25日、業界によると、9月16日現在JTIコリアは8%台のシェアを回復した。いまだ苦戦中である日本産ビール、自動車、電子機器、衣類部門などとは対照的な結果だ。

    引用元https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=009&aid=0004434790

    以下、韓国の反応をまとめました。

    一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

     















    【代替品があるにもかかわらず不買失敗したものとは? 【韓国の反応】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    文在寅大統領が、親書で「日本は北東アジアの平和のため協力する重要なパートナー…韓日両国の懸案が早期解決されるよう努力」と伝えたそうだ。

    しかし、数カ月前、アメリアで安倍の面前で、「日本は韓国の同盟ではない」と言った人は誰だっけ? その時文在寅と、今の文在寅は同じ人ではないか?

    (韓国の掲示板より)

    引用元https://is.gd/u4dLQl


    以下、韓国の反応をまとめました。

    一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

     















    【文大統領、親書で「日本は北東アジアの平和のために協力する重要なパートナー」 【韓国の反応】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    tokyo-kyokujituki

    東京オリンピック組織委員会会長である森喜朗元首相が、来年の東京オリンピック競技場で旭日旗の使用を禁止するよう求めてる韓国側の要求に対して「無視すれば良い」と述べ、議論が起きています。

    読売新聞によると、森喜朗東京オリンピック組織委員長は昨日午後、BSフジのニュースに出演して「政治的な問題をオリンピックに入れるのはダメだ」とし「正当な要求ではないので、無視するのが良い」と主張しました。

    また、東京オリンピック選手村に福島産食材を供給することにした方針を韓国政府が問題提起したことについても、「すでにすべて終わった問題」と主張し、問題がないとの立場を明らかにしました。


    引用元https://bit.ly/2MIiPXZ

    以下、韓国の反応をまとめました。

    一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

     















    【森東京五輪組織委会長「韓国旭日旗禁止要請は無視すべき」 【韓国の反応】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    6e2adc93-s

    大韓民国の電子パスポートに使われる表紙は、日本のある企業が数年間独占供給しています。

    国産化が試みられてはいるものの、事実上、納品が白紙化され、電子パスポートの表紙はしばらく日本の製品を使わざるを得ない状況です。

    韓国造幣公社が行った製造適合性試験で、不適合の判定を受けたからです。

    優先交渉対象者に選ばれた後、納品が行われる前に造幣公社で別途行われた試験をパスできなかったのです。

    企業は、2012年から電子パスポートの表紙の製造を開始し、今まで40億ウォンを投入したと述べました。

     また、パスポートの表紙に使用できる十分な技術力を確保したが、造幣公社が日本製品を基準に適合性試験を進めたことに問題があると主張したのです。

    自分たちが作ったパスポートの表紙が公認された試験機関で保安性と技術規格を満たしたにも関わらず、「造幣公社が適合性評価基準をきちんと案内しなかったため、日本企業と差別を受けた」と述べました。

    韓国造幣公社関係者
    「電子パスポートは10年間品質が保証されなければならず、海外で韓国国民の身分上・財産上の安全を守ることができる唯一の手段です。それで我々は厳格に規定された手続きによって入札を進行して品質試験を行いました」

    来年下半期に導入される次世代電子パスポートは製作方式がすべて変わります。

    造幣公社が新しい業者の選定作業を進めている中、海外で我々国民の顔の役割をするパスポートに日本産の表紙を当分の間、使い続けざるを得ない状態です。

    引用元https://is.gd/htyhBE

    以下、韓国の反応をまとめました。

    一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

     















    【韓国のパスポートの表紙が日本製であることが判明 即国産化は困難 【韓国の反応】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    l_2019102102000912700200391-e1571763213338

    群山ロッテアウトレット、ユニクロ店舗内にトイレを配置・・・顧客“抗議”

    「なぜトイレに行くのにその売り場を必ず通らなければならないんですか?」

    先週、家族と一緒に全羅北道群山市にあるロッテアウトレットを訪れたA氏(36)はありがたくない経験をした。

    最近“慰安婦被害者冒涜広告論議”で物議をかもしたユニクロの売り場に入らなくてはトイレを利用できなかったためだ。

    必ず売り場とレジを通らなければトイレに繋がる通路に出ることができなく、用を終えて帰ってくる間も強制的に売り場に留まらなければならなかった。

    反対側にもトイレがあるにはあるが、狭い通路を通らなければならないうえ、入口から遠く、このトイレを利用する顧客は少なくなかった。

    A氏は、トイレに行く間、罪人になったような気持ちだったと打ち明けた。一緒にトイレを利用した家族も似た気持ちを感じたという。

    彼は「単にトイレに行くだけなのに、まるで罪を犯した人のように頭を下げて売り場に入らなければならなかった」とし「ただでさえユニクロに対する反感が大きいのに、あえて設計をこのようにする必要があったのか」と不快な気持ちを表わした。

    さらに西側トイレ周辺にはエレベーターと現金自動入出金機(ATM)、浄水器など多様な便宜施設が集まっていて、これを利用しようとする顧客も同じようにユニクロに入らなければならない。

    ロッテアウトレット側は、顧客が特定の売り場を強制的に通るように動線を定めた理由について、不買運動を予想できなかったという趣旨で答えた。


    引用元https://n.news.naver.com/article/001/0011157297?lfrom=twitter

    以下、韓国の反応をまとめました。

    一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

     















    【ロッテアウトレットのトイレ、ユニクロに入店しないと行けない構造に 【韓国の反応】】の続きを読む

    このページのトップヘ