キャプチャ-11

[アンカー]

韓国政府が日本の福島原発汚染水の海上放流可能性の問題を国際問題化すると、日本政府が直ちに反発して出ました。

日本は言われのない風評被害を受けていると主張しています。

東京からパク・ジンジュ記者です。

[レポート]

福島原発汚染水処理の問題について、韓国政府が、国際社会の協力を要請する書簡を国際原子力機関IAEAに送ると、日本は直ちに反発して出ました。

最近、韓日葛藤を煽る発言を吐き出している外務省副大臣が放送に出演して詭弁に近いビ誹謗性発言をまたしました。

【佐藤正久/外務副大臣(BSフジTVプライムニュース)】
「誹謗中傷です。放射能が第2の慰安婦問題になる可能性があります。そのような問題は、我々は確実に反論しなければならないことは反論していくものであり…」

正当な問題提起を誹謗としたのも問題だが、放射能の問題を放置すると、日本が逆攻勢を受ける可能性がある旨の主張をしたのです。

このような外務副大臣の予告に続くかのように、外務省の国際原子力協力室長は翌日である昨日、駐日本韓国大使館に電話をかけて公式抗議したことが明らかになりました。

汚染水の韓国政府の懸念は、「科学的根拠がない」とし「余計な噂が原因で、日本に害を及ぼす可能性がある」と警告したというのです。

日本政府は、公式ブリーフィングでも汚染問題が国際問題化されることに対して、非常に鋭敏な反応を示しました。

【菅義偉/日本官房長官(昨日の午後)】
「科学的根拠に基づいていない、日本の余計な風評被害(噂の被害)をもたらすことであり極めて遺憾です。」

日本政府は4日にも、各国の外交官を対象に、福島原発の説明会を開催するなど、放射能安全性の問題が浮上しないようにするための総力戦を繰り広げています。

しかし、福島第1原発の汚染水貯蔵タンクは、2022年夏頃飽和される予定なのに加え、グリーンピースをはじめとする国際環境団体はもちろん、福島の住民の放流に対する反対も深刻な状況なので、安全性の議論は、簡単に収めるのは難しいと思われます。 


引用元http://imnews.imbc.com/replay/2019/nwtoday/article/5484033_24616.html

以下、韓国の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

 

・日本のアキレス腱は放射能汚染水だな。
あれは単純に被曝の問題ではなく、既成事実として明らかになったとき、福島周辺の地価暴落で莫大な資本離脱、人口移動に繋がる可能性が高く、これはすぐに経済崩壊として示されるだろう。

・日本が怒っているのを見ると、うまくやっているようだ
引き続き進めなさい

・いつまで我々に被害を与えるのか?

・本当にとんでもない奴らだな…
全世界から核ミサイルが飛んでもおかしくない横暴だ…

・倭寇たちが反発するので、国際公論化が合ってるようだ。
ファイティング!

・常識では理解できない国。

・汚染水に問題がなければ、お前らの農耕水路や飲み水に使用しなさい
訳もなく東海に捨てようとせずに

・放流せず飲料水として使用して下さい。

・本当に日本はレベルの低い国である

・観光客や日本人たちの飲料水として使用してください。



・全世界に放射能問題をさらに知らせ、問題化しなければならない
放流すれば、戦争行為に他ならないことを

・科学的根拠云々する人々は、普通、科学という美名の下、多くの一般人をだまそうとする人が多い
日本は科学的根拠云々するのなら、日本が韓国調査団の調査を許可したり、少なくとも第3国の調査団の調査を許可しなければならない…

・日本は全人類の敵

・第二の慰安婦?
では、放射能汚染水強行放流もしてるんだから、慰安婦強制連行もあったということである。

・日本は自分たちが今何をしているか分かってないからあんなふうに出てくるのだ
特に韓国にだけ、あんなに堂々とするのは何の度胸なのか

・日本が韓国を相手に科学を論じるレベルになるのか?
本当に問題なければお前らが飲料水として使用したりシャワーを浴びて日本の中で解決しろ…
お前らは放射能を好きかなのか知らないが私たちは恐いというだけ。

・継続的に問題化させ、深刻性を世界に知らせなければならないと思います

・原発事故で生じた汚染水なのに問題がないって、あの国は一体どこから間違ってるのか…
世に出てはならない未開民族である…

・それをなぜ全世界がつながっている海に捨てるのか
人体に害がなければ、お前らの家の水タンクに保管すればいいじゃないか

・絶対に退いてはならない
IAEAだけでなく、国連に議論の議題として上程しなければならない!

・汚染水を海に放流するという発想が出てくるのは、本当に日本人らしい

・放射能問題は、中断することなく継続して扱わなければならない
甘く見たら、不意打ちをくらう
けりをつけるという姿勢でやろう