156803626418_20190909

チョ・グク法務部長官一家と関連した私募ファンド疑惑の“キーマン”と名指されているチョ長官の5親等の甥のJ氏(36)が16日、拘束された。J氏を経由して、チョ長官の妻のチョン・ギョンシム東洋大学教授に向かっていた検察捜査に弾みがつくものと見られる。

 ソウル中央地裁のイム・ミンソン令状担当部長判事はこの日、資本市場法違反、特定経済犯罪加重処罰法の横領・背任、証拠隠滅教唆の疑いを受けているJ氏の身柄拘束前の被疑者尋問(拘束令状実質審査)を行った後、「犯罪事実の相当部分が明らかにされ、本件の犯行前後の一連の過程で被疑者の地位および役割、関係者の供述内訳など、現在までの全体的な捜査経過などを考慮し、逃亡または証拠隠滅の恐れがあると認められる」とし、検察が請求した拘束令状を発行した。J氏は私募ファンド疑惑が浮上した先月末、出国して帰って来なかったが、14日未明に仁川空港経由で帰国した後に緊急逮捕された。

J氏は、チョ長官の家族が14億ウォン(約1億3千万円)を投資した私募ファンド「ブルーコア・バリューアップ1号」を運用するコリンク・プライベート・エクイティ(PE・コリンク)を実質的に運用しながらコスダック上場会社のWFMを無資本で買収し、虚偽公示を通じて株価浮揚を試みた疑い(資本市場法違反)をもたれている。また、コリンクのL代表らと投資した企業の資金数十億ウォンを横領した疑い(横領)や、先月末国外に出国した後、私募ファンドが投資した街灯点滅器生産会社のウェルズシーエヌティのC代表に検察に虚偽の供述をするよう指示した疑い(証拠隠滅教唆)もある。
引用元https://bit.ly/2kMSTzq


以下、韓国の反応をまとめました。
一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ


















・ついに詐欺師ファミリーが処断された

・これからが始まりだ。

・ムン災害が拘束されたら韓半島の平和が来る。

・チョグク・アウト

・ まともな判決だな。

・正義は死んでなかった…

・これが国だ

・チョグクは嘘を日常茶飯事に吐きます。

・チョグクも拘束させよう。

・チョグクは羊飼いの少年だ。

・家の中の改革からしろ。チョグクよ。

・チョグクは羊飼いの少年だ。