・韓国政府対応に…"告げ口超えた露骨な扇動" 
・"処理数海洋放出恐怖感助長…旭日記排斥に熱上げて" 

article

▲ 去る7月20日、ソウル 鍾路区の旧日本大使館前で行われた日本の経済報復と日本の安倍晋首相を糾弾するろうそく集会が終わった後、参加者が大型の旭日旗を破るパフォーマンスをしている様子(画像は引用元サイトより)。 


 (ソウル=news1)ハン・サンフィ記者 = 極右気質の日本の産経新聞は、韓国政府がフクミサ(フクシマの間違い=福島)第1原子力発電所の汚染水処理と東京オリンピックの旭旗記競技場搬入問題を国際社会に公論化したことに関連して、「第3者に “告げ口(コジャジル)” をしている」と非難した。 

産経新聞は21日、名村隆寛(ナムラ・タカヒロ)ソウル支局長が書いたコラム形式の記事で、「韓国政府は国際舞台で日本を公的に批判して、自身の主張を国際社会の強い懸念に誇張している。告げ口を超えた露骨的な扇動だ」と主張した。 

新聞では、「韓国側が国際原子力機関(IAEA)の総会で、“処理水” ではなく “汚染水” という表現を使って海洋放出の恐怖感を強調した」とし、「韓国が処理水問題をめぐり、日本の誤りを満天下に知らせ回る告げ口を始めた」と強弁した。 

日本では、福島原子力発電所の高レベルの放射性廃棄物を浄化施設で浄化したという理由から、『処理水(チョリス)』と呼んでいる。 

引き続き新聞では、「日本が困っているという立場を見せるとすぐに、韓国はまるで鬼の首を取ったように(オバケの首を切ったように)得意がった」とし、「韓国の正しさと日本の至らなさを訴えて、相手に同意を求めようと懸命になっている」と指摘した。 

新聞では最近、パク・ヤンウ文化体育観光部長官がトーマス・バッハ(トマス・パフ)IOC事務総長に対し、旭日旗の搬入禁止措置を要請する書簡を送ったことについて、「中国や北朝鮮にまで同意を求めて旭日旗の排斥に躍起になっている」と非難した。 

「韓国政府とメディアでは、旭日旗が日本の帝国主義とアジアの侵略戦争に使われた日本軍の旗で、ナチスを象徴するハーケンクロイツのような戦犯旗であると主張している。しかし、日本国内では政治的宣伝とは無関係であるという解析が支配的」と新聞は主張した。 

新聞は最後に、「韓国は旭日旗に対して異常なくらい特別な執着心を見せている。処理水や旭日旗の解決に集中するより、問題の拡散を願っているかのようだ。日本を難癖をつける韓国の行動に国際社会が同調しているかどうかは分からない」と揶揄した。 
引用元http://news1.kr/articles/?3725049

以下、韓国の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

 















本土や土着の倭寇は確かに魂が異常なようですね!

告げ口だとか煽動質だとか反応はやはり日本らしい、日本国内でも戦犯旗に対する意見は分かれるだろうし、日本には右翼が大勢いるだうし、戦犯旗に対しておかしなほど執着するのは韓国ではなく日本だ

東京オリンピックのホームページで、独島を竹島と表記したのがもっと大きな問題みたいです

日本人の様な考え方を盗人猛々しいと言う

戦犯旗と汚染水は、世界がよく知るべきイシューであり、いずれも日本が責任を負わず、厚かましい真似をしている問題だ

日本の奴らは狂ったのか?告げ口では無く、事実を言っているんだ?



海は世界の物であって、日本の物だけでは無い、汚染水を放流しても問題が無いとい譫言を言って反省の無い日本人に問題がある

本当にこいつらは猿達か?何故こいつらは反省という物が全然できないのだろうか?

告げ口という言い方を見ると、知識人が書いた記事だとは思えない

平和の象徴であるオリンピックには、日本の軍国主義や、放射能汚染水が一滴も流れ込む事があっては成らない

マスコミが正しくなってこそ、国が正される。日本は駄目だ

ゴミの様な実状は、これが日本人の素顔である。まだ100分の一を見せただけだ

韓国は事実を語って居る、放射能汚染水を海に流せばこれから奇形児が増える

安倍政府の水準が幼稚園児なんだね

善良で正しいことを他人に知らせるのを、告げ口とは言わない

自分達に不利な事があると、金を払ってでもロビーをする奴ら

永遠に旭日旗がどこにも掲揚出来ない様に、組織的に活動しなければ成らない

日本の「告げ口だ」と表現したのを見たら、日本が間違った事をしているのが分かるね、汚染水が安全なら、その汚染水を水道水として使え

韓国は旭日旗と独島表記の二つを解決しなければ必ずボイコットしなければならない

処理水なら捨てないで水道水に使えばいい、それとも農業用水にでも使ったら?

韓国は、中国、台湾、インドネシア、北朝鮮、フィリピン、ミャンマー、ベトナム、パプアニューギニア、タイ、ラオス、カンボジアなど第2次世界大戦時の日本被害国に、旭日旗を阻止する会議の開催を要請しなければならない