この数年、徐々に下がっていた自殺率が昨年、大幅に増加に転じた。これによって経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で2位に落ちていた自殺率が再び1位に浮上する見通しだ。特に10代と30~40代など若い年齢層で自殺率が大幅に上昇した。

 24日に統計庁が発表した「2018年死亡原因統計」によると、昨年自殺による死亡者数は1万3670人で、前年に比べ1207人増加した。1日平均自殺者数は37.5人だった。人口10万人当たりの自殺による死亡者を意味する自殺率は26.6人で、前年に比べ9.5%(2.3人)増加した。

自殺は10~30代の死亡原因で1位、40~50代では2位だった。年齢別で見ると10代(22.1%)、40代(13.1%)、30代(12.2%)の自殺率が大きく上昇。50代(8.2%)と60代(8.9%)、70代(0.2%)では増加幅が全体平均を下回り、80歳以上の高齢層では自殺率が0.4%減少した。性別による自殺率は男性が38.5人で、女性(14.8人)より2倍以上高かった。

 これにより韓国はOECD加盟国中、自殺率で再び1位に上がることとなった。OECDは国ごとの年齢構造の影響を排除した年齢標準化自殺率によって国際比較を行っているが、韓国の年齢標準化自殺率は2018年に24.7人と、OECD平均11.5人の2倍を超えることが分かった。韓国は2005年以降13年間にわたってOECD加盟国中、自殺率が1位を占めた。昨年は自殺率が高いリトアニア(24.4人、2017年時点)がOECDに加入し、2位に下がっていた。しかし、今年自殺率が急上昇し、再びOECD 1位に上ったわけだ。

以下略 続きは引用元サイトで

引用元http://www.hani.co.kr/arti/economy/economy_general/910748.html

以下、韓国の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

 















・ムン政権になって2018年から急速に自殺率が高まった。
韓国を台無しにするという意味ですね。

・昨年は大きな経済危機もなかったのに何故?
次に何か起こったらどうなるの?

・韓国が嫌いで移民が人生の目標という人も多いですね。

・過度の競争、貧富の格差による不平等、相対的剥奪感、このようなものの原因。

・一日に37人自殺してるのか?
クレイジーレベルだね…

・正直、私も死にたい。
生きるのが本当に辛い…

・家庭が崩壊して社会が崩れていく…

・こんなのが私が望んでいた国ではないのに…
二度と投票は間違わない…

・生きるのも難しいヘル朝鮮。

・出生率改善にお金使っても若者がどんどん死んでいく…

・もう終わりだ…

・年10%近く増加するなんてこと有り得るんですか?

・嫌な記録ばかり更新しますね。


・自殺者の多くが、ムン・ジェイン支持者だったそうだ。

・私も死にたいです。