xkorea092.jpg.pagespeed.ic.hv9MHpYTZj

「韓国の人々が日本のビールを飲めないと’発狂’する」と発言して物議を醸している超右翼派コメンテーターの竹田恒靖 (44) が日本の植民地支配を支持する発言をした。

竹田恒靖は個人のツイッターを通じて「もし韓国に謝ることがあるなら、日本が先の大戦に負けたこと」としながら、「日本が勝っていれば、朝鮮戦争も無く、南北分裂も無かった」と主張した。
竹田恒靖は、「 (日本が戦争で敗北しなければ) 全朝鮮人はいま日本国籍を持っていた」としつつ、「日本が敗北したせいで、朝鮮人は不幸な道を歩むことになった。期待に応えられず負けてしまったことは申し訳ないと思う」と述べた。

竹田恒靖は、日本極右コメンテーターの代表的な人物として、慶應義塾大学を卒業しバラエティーの「そこまで言って委員員会」「ゴゴスマ」など、さまざまなテレビ番組に出演し韓国を非難してきた。
日本皇室の傍系一家の1つである竹田ノ宮族の一員として知られており、先祖である竹田宮恒徳(1909-1992)は「マルタ部隊」として知られている関東軍731部隊の生体実験に参加したという記述がある。

最近はユーチューブのアカウントを開設し、「韓国人が愛する日本のビールの輸出を防げば’大変なこと’が起こるだろう」という名前の動画や、「自発的に好きで行った慰安婦が今になって強制的に連れていかれたと主張した」という動画を上げるなどの右翼活動を続けている。
自身が登場した韓国のニュースの動画を掲載した後、「韓国の地上波放送に進出した」と言い、国内ネチズンたちの怒りを買ったりもした。


引用元https://is.gd/tQ0vaR

以下、韓国の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

 















米国は最初から原爆を東京など全ての都市に投下すべきだった。また、天皇をはじめ戦犯全員を死刑にするべきだった


・錯覚は自由だが馬鹿への近道という昔の言葉が思い出される


間抜けな高宗のせいで100年以上屈辱を受けながら暮さなければ成らない


・サルはしょせん、どうしようもないサルだという事実。


・日本を植民地化したら、日本国民は喜ぶだろう


・頭がどうかしてしまったのか…なんか考え方と口で糞を垂れる感じが自由韓国党らしい…


島国の猿達は、何故こんなに譫言を話すのだろうか?日本人には過去の蛮行や侵略に対して済まないという気持ちを一つも持って居ないのか


今回きてる台風よ、そのままサルどもを一人残さず無くしてくれ、お願いだ


・日本が戦争に負けずに朝鮮と日本が1つの国家で残っていたら、今頃は国語がハングルに変わっていただろう。


・放射線に汚染された民族という精神状態に陥ってしまった人が珍しくなのが日本という国だ



この猿は精神科の治療を受けてみろ、完全にサイコなのに正常人の様に生きるのが不思議だ


どうせなら正しく言おう。
日本人が世界に生まれたために朝鮮が不幸になった




この人は、日本ビールを韓国に輸出しなければ、「韓国人が日本のビールを飲みたいとデモをして大騷ぎをする」と発言した人間じゃないか


原爆を2つだけ食らったというのは残念だ 余裕をもって10個くらいは食らえ


・安部は本当に日本国民を馬鹿にする作戦なのか…どうしたら自分の国の歴史もまともに知らずにいられるのか?


韓国人はもう日本のビールを飲まないのに、デモなんてしない


・自由韓国党が言ったんじゃないの?(笑)


日本が核に打たれて降伏した時、戦犯を全員整理しておけば、今の様には成らなかった


こいつの口先を折ってやりたい


この人間はサイコパスの様だけど、精神病院に行かせるつもりは無いみたいだね


こいつには、猿の群れに隠れてこんな発言をせずに、韓国にちょっと来て発言して欲しい


無視していきましょう。


我々が不買をするしかない理由


・放射線拡散で日本列島は死の列島に変わっていっている。


こんなイライラする奴は無視するのが一番だ


仮に日本が敗戦していなければ、今も韓国人は日本人に朝鮮人と呼ばれ、二等国民や、不可触賎民扱いされていただろう


日本の奴らのせいにすることでもない。安部党の改革・議員長やソウル大教授イ・ヨンフンみたいな奴もいるのにー


・地球が滅亡するまでお前らは永遠に敵…


日本という国は本当に大変だな、こんな精神病者を放置する政府、そしてこんな人間の発言を放送する日本の放送局


気が狂っているので、口を開くとやたらにしゃべる


日本の奴らは無視しろ、どうせ日本人は韓国人よりも収入が低くて、韓国にも旅行に来ない


仮に日本が敗戦していなければ、今も韓国人は日本人に朝鮮人と呼ばれ、二等国民や、不可触賎民扱いされていただろう