パク・ハンギ合同参謀議長は8日、日本の戦闘機が独島領空などを侵せば「決まったマニュアルにより断固たる立場を示すだろう」と明らかにした。

パク議長はこの日、龍山(ヨンサン)合同参謀本部で行われた国会の国政監査委の国政監査で「もし日本の軍用機が独島領空を侵せばどうするのか?」という国会国防委員会所属の民主党チェ・ジェソン議員の質問に「国際法が許容する範囲内で断固たる措置をとるだろう」とこのように答えた。

また、日本は今まで韓国の防空識別区域(KADIZ)に進入する度にいつも事前通報してきたし、これまで独島領空に侵入した事もなかったとし、もし領空侵犯の状況が発生した場合「それは多分、意図性を持って侵した状況だろう」と話した。

パク議長は去る7月23日、ロシア軍用機であるA-50、1台が独島近隣領空を二度、侵した警告射撃に加えて「4段階措置」を考慮したかという質問には「事前に考慮した」と答えた。
引用元

以下、韓国の反応をまとめました。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

 


















・来れば落とす。


・東海、独島付近の海上に来るチョッパリ船舶に対しても超強硬に正面対抗しなければならない。
韓国のEEZ、領海だと発表し、これからは接近することもできないようにしなければならない。
積極的な攻勢で支配し、攻撃をしかけなければならない。



・マニュアルでは時間が決められているのか?
時間が決められていなければ~1、2、3段階は1分ですべて終わらせてすぐに撃墜するのか…



・ひとまず撃墜してから考えればいい。
独島に塵ほどの武力を行使する時には直ちに日本本土を打撃するシステムが必要だ。



・当然だろう。

・カモン~~



・最初のF-35同士の空中戦を見ることになるのか?w


・「軍の領空侵犯時の対応規則は大きく警告通信→遮断飛行→警告射撃→強制着陸および撃墜射撃などの4段階に区分される。」
強制着陸および撃墜射撃ですよ~



・4段階=撃墜。
マニュアル通りすべきだ。