【海外の反応】じゃぱ速

海外の反応や2chで話題になってるニュースをまとめました。主に韓国関連のネタをとりあげてます。

    カテゴリ: 文化

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    784236363.png
    1995年に放送が開始され、社会現象を巻き起こしたアニメ「エヴァンゲリオン」。
    同作は今月21日からNetflixにて世界190カ国で配信が始まったのですが、
    いくつかの変更に対し、海外ネット上では不満の声が殺到しています。

    まず1つは、エンディングに「Fly Me to the Moon」のカバーが流れない点。
    一部報道によると、フランク・シナトラなどもカバーしたこの楽曲は、
    米国ではライセンス料が高すぎるため、見送られたそうです。

    そして特に論争を呼んでいるのが、2つ目の翻訳の問題。
    「好意に値するよ」という、シンジに向けられたカヲルのセリフが、
    これまでの翻訳、「Worthy of my love(愛するに値する)」から、
    日本版に近い「Worthy of my grace(好意に値する)」に変更され、
    また、同じくカヲルの「I love you」も「I like you」に差し替えられています。

    単純に作品への敬意を欠いた誤訳と考える人に加え、
    同性愛的要素を意図的に排除していると捉える人も多いことから、大荒れに。
    批判以外にも、日本語の「好き」を英語に翻訳する事の難しさを解説する声など、
    様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。
    【海外「日本語は繊細な言語だから」 Netflix版『エヴァ』の翻訳を巡り海外ネットが大荒れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    62201620_2234810663269569_889486086324092928_n.jpg
    世紀末を無事に乗り越えたブッダとイエスが、
    有休を取って下界でのバカンスを満喫するため、
    東京・立川のアパートの一室で2人で暮らす、
    という設定で描かれる日常コメディ漫画「聖☆おにいさん」。

    大英博物館に展示されるなど、海外でも高く評価されているこの作品では、
    キリスト教と仏教はもちろん、神道、ヒンドゥー教、オリンポス神など、
    様々な宗教や神々が会話の中などに登場します。

    そのような設定の中で、現在まで言及すらされていないのがイスラム教。
    自分たちとは無関係の世界観である事も少なからず関係しているのか、
    これまで本作が中東地域で取り上げられる事は殆どありませんでした。

    しかし先日、中東圏の人気サイトがあらすじとともに取り上げたところ、
    その奇抜でユニークな世界観が大きな反響を呼ぶことに。
    あらすじだけでも、大笑いを誘うものだったようでした。 【海外「日本でしか不可能だろw」 キリストとブッダのギャグ作品にイスラム教徒が大爆笑】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    30264245_2313642408646693_7766096939501332769_n.jpg
    9世紀初めごろ、奈良の学僧たちが漢文を和読するために、
    訓点として万葉仮名を省略し、付記したものに由来するとされるカタカナ。
    10世紀後半までには書の手本の1つとなっており、
    12世紀には字体も現在とほぼ同じ形で統一されています。

    明治以後は大日本帝国憲法その他の公文書でもカタカナが用いられ、
    学校でもひらがなより先にカタカナが教えられていたそうです。
    戦後になり公文書でも教科書でもひらがなが優先され、
    現在カタカナは、主に外来語を表記する際に用いられています。

    さて、今回はカタカナの覚え方が取り上げられた投稿からで、
    「シ」「ツ」「ソ」「ン」の4文字が紹介されています。
    「シ」と「ツ」、「ソ」と「ン」がそれぞれかなり似ていることから、
    日本語を勉強する多くの外国人にとっての鬼門であるようで、
    多くのコメントが寄せられていました。
    【海外「日本語の習得は諦めたw」 カタカナの難易度が尋常じゃないと海外ネットで話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    41935313_1747666212011347_2859024604981100544_n.jpg
    ハワイにある「平等院テンプル」の話題から。

    平等院テンプルはハワイ州オアフ島・カネオヘにある施設で、
    1968年6月、ハワイへの日本人移民100周年を記念して、
    京都宇治市にある平等院鳳凰堂を模して作られました。

    建物内部には、高さ約3メートルの阿弥陀如来坐像が安置されていますが、
    宗教の垣根を超えた施設で、建物内の壁には仏教や神道の宗派の紋のほか、
    キリスト教の十字架も掲げられているそうです。

    「人はみな平等」という思いが込めらている平等院テンプル。
    その美しい姿に、様々な反応が寄せられていましたので、一部をご紹介します。

    【海外「ここが日本じゃないとは!」 ハワイに存在する『平等院鳳凰堂』が凄すぎると話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    426537357.jpg
    パソコンの文字入力の際に使い分けられる全角文字と半角文字。
    オンラインショッピングなどで個人情報を入力する際、
    特に住所の番地や電話番号の数字に関しては、
    半角で入力する場合と全角で入力する場合とがあります。
    自動で補正されない入力フォームが多いことから、
    全角半角の混在によりエラーになった経験を持つ方は少なくないはずです。

    全角半角の使い分けは日本在住の外国人にとってはかなりハードルが高いようで、
    主に日本在住の外国人向けに記事を配信している風刺サイトが、
    「全角から半角、あるいは半角から全角への訂正が求められることで、
     年間約700億円の経済的損失が発生している」

    という内容の記事を掲載したところ、大きな反響を呼んでいます。

    もちろん風刺ネタで事実ではないのですが、多くの外国人にとっては、
    風刺とは思えないくらいの「あるあるネタ」だったようでした。
    【海外「日本あるあるだねw」 日本の『全角』と『半角』という概念に外国人が困惑】の続きを読む

    このページのトップヘ