【海外の反応】じゃぱ速

海外の反応や2chで話題になってるニュースをまとめました。主に韓国関連のネタをとりあげてます。

    カテゴリ: 韓国(5ch)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:★ q2019/07/23(火) 10:47:11.95 ID:CAP_USER

     
    2019.07.23  

    韓国半導体業界が長引く不況で悩みも深まっている。日本発の輸出規制が長期化して 
    生産に支障まで生じたら不況がさらに深まりかねず、サムスン電子とSKハイニックスは非常経営体制に入った状態だ。 

    22日、関税庁は1?20日の半導体の輸出額が44億8700万ドルで前年同期に比べて30.2%減少したと発表した。 

    この期間全体の輸出額(282億9700万ドル)の前年同期比減少率が13.6%であることを勘案すれば、半導体輸出の減少が 
    韓国の輸出不振につながったという分析が提起される。今月の月間の輸出が2016年1月(-19.6%)以来の大幅減少になるという懸念も出ている。 
    20日までに最大の輸出国である中国への輸出も19.3%減少した。 

    今回の半導体輸出急減は、昨年末から本格化した半導体価格の下落の影響が大きい。 中略 

    更に、日本発の輸出規制による不確実性が大きくなった。中略 

    半導体業界の関係者は「今月4日に注文した規制品目の許可期間(90日)の10月1日までに供給がないと、 
    いくら国産化をしても必要量は満たせず、生産が困難が生じる。 この場合、韓国の半導体のみ 
    業況反発効果を享受できないだろう」と憂慮した。 

    NAVER(韓国語)
    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=020&aid=0003230702&date=20190723&type=1&rankingSeq=5&rankingSectionId=101


    以下、5ch(日本)の反応をまとめました。

    一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

     

    【韓国 10月1日までに日本から素材が供給されないと危機】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 
    【海外の反応】じゃぱ速さん★ 2019/07/22(月) 23:25:58.19 ID:CAP_USER
    韓国と日本がお互いを眺める見解の差は小さくない。 
    (中略:事例) 

    韓国人は日本とほとんど差がないと感じ、日本人は相変らず格差が大きいという認識があるようだ、と両国をよく知る人は言う。これについて、ある元高位外交官僚は「韓国人は韓日関係を国力が対等なドイツとフランスの関係で見て、日本人は国力差が明確なうえ支配の歴史まである英国とアイルランド間の関係と感じる」と例えた。 

    このような相異なる認識はそれぞれ「半分」の真実を含んでいる。国民の実際の生活水準をはかる1人当り国民総所得(GNI)で1990年、韓国は日本の40.2%に過ぎなかったが、昨年は日本の89.2%水準まで上がった。日本が「失われた20年」の間、足踏みをしている間、韓国は遠くない将来、日本を追い越す水準まで成長した。一人一人の財産の側面でも多くの韓国人は普通の日本人に比べてひけをとらなくなった。対照的に日本人は韓国より長い100年近く先んじた近代化の結果、長く累積した底力の差があると見ている。両国間に蓄積された経済・技術力格差は相変わらずある、という主張だ。 

    このようにお互いを眺める相反した認識は最近、急速に閉塞した両国関係の原因の一つに選ぶことができる。日本は韓国の急成長を警戒し始め、韓国は日本を見下して尊重しなかった。 

    日本、力の限界を自覚せよ 

    最近の両国対立は現時点で両国間の「国力の差」を如実に表わした。日本は韓国に比べ、相変らず経済力が優位にあり産業構造も両国間「経済戦争」で韓国が主に被害をこうむる構図が明らかになった。 

    同時に日本の優位が過去とは異なるという真実も水面上に現れてきた。摩擦が激しくなるほどサムスン電子とSKハイニックス、LGディスプレイに肩を並べるほどの「代表選手」をそろえられない日本のみすぼらしい現実が浮上するだけだ。日本の企業は「大手」韓国企業等の顔色を見るほかない構造だ。日本はこれ以上、覇権国家でも旭日昇天する国家でもないことがはっきりしたのだ。 

    さらに日本としては韓国を敵にまわす大失策まで犯した。 

    ビスマルクはドイツ統一後「ヨーロッパを支配するには足らない」レベルのドイツの国力を自覚し、力を自制する政策を展開した。しかしながら、彼の後継者たちは攻撃的対外政策で祖国を崩壊に導いた。今は決して安倍晋三総理が力を誇示する時ではない。自身の限界を直視し、皆が損害だけこうむる誤った政策を一日も早く撤回しなければならないだろう。 



    ソース:韓国経済(韓国語)<[特派員コラム]韓国と日本の相反した認識> 
    https://www.hankyung.com/opinion/article/2019072219281


    以下、5ch(日本)の反応をまとめました。

    一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

     

    【韓国 韓国と日本の相反する認識~日本は韓国を敵にまわす大失策を犯した】の続きを読む

    このページのトップヘ